全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
映画の感想
2011 / 08 / 15 ( Mon )
テレビでやってたの、観ましたよっと。


『母をたずねて三千里』
よく、懐かしの名作アニメで紹介されていますが、実際見たことなかったので観てみました。
本当は全52話ということで、もっともっと、探せど探せどな過酷な旅だったんだろうけど、
コンパクトにまとまっていてよかったと思いました。みなさんは、ちゃんと観たことありますか?
9歳で、たった1人で国々を渡り、その道中、人を助けたり助けられたり、
お金を擦られ世の厳しさを知ったり、友情を深めたり、、、様々な体験をします。
マルコの大成長物語。
何度も目にしてきたかもだけど、最後の、お母さんとの再会シーンより、
それから帰路、行きの道中、応援助けてもらった人々との再会喜びシーンの方が感動的。


『ファンキー・モンキー・ティーチャー2 ~東京進攻大作戦~』
ありましたねぇ~ 寛平ちゃんが先生役のヤンキー学園物映画。
飯島直子がワンレンさらさらロングヘアで、清純派先生役やってた。
山崎邦正、ジミー大西などが生徒役で、坂上忍が出てきたりもした。みんな若い!
今なお知ってる顔ぶれがいっぱいで、出てくる度に、おぉ~!って思った。
この先生は、ほんと、むっちゃくちゃで、演出も笑いを誘うコメディー調やけど、
ストーリーとしては、友情、愛情など感動要素ももちろんあり。

ところで、ディスコって、こんなんやったん?踊って注目浴びるとか、めちゃハズいやん(笑)
けど、あの時代に生きてたら、私も行ってたんかなぁ?
関西以外の人ってこの作品をどんな感じで見てたんやろう。大阪って、ガラわっるぅ~ とか?(~へ~;



『硫黄島からの手紙』
ニノの‘映画’を観るのは初めてかも。いやぁ~ほんと、ハリウッド映画に出てたんやなぁ~。
クリント・イーストウッド監督の作品ってことやけど、ほんと、日本人が手掛けた作品のようで、違和感が
ない。っても、裕木奈江には驚いたぞ!ニノの奥さん役って、年齢差、あり過ぎじゃね!?(笑)
きっとアメリカ人には若く見られたんでしょうなぁ~。やっぱり違和感あった(爆)

戦争を題材にした作品だけど、それほど重苦しくなく観られる。
明らかに、泣かせるぞ~!ってな大それた思惑がないのもよい。
日本兵もアメリカ兵も全く同じ理由、国のため、家族を守るために、その身を犠牲にして戦い、
彼らの無事帰還を祈る家族もまた、戦争よ早く終われと願う。戦いなんて、やめればいい。
客観的にはそう思うんだけど、ほんの少し前にはあった、この悲惨な現実。

映画館で観てもよかったなぁ~と素直に思えた作品。
戦争の過酷さ、悲惨さだけを抜き出したものではなく、うまく、今の若い層にも受け入れられやすい
ヒューマンドラマに仕上げてあると思う。話題作やし、観た人多いだろうな。
渡辺謙はさすがだけど、伊原剛志ももちろんカッコいいよ(^皿^)
★★★★☆ 小学生には火垂るの墓、中学生には硫黄島、これを定番にしたらいいよ



『母べえ』
さすが8月、硫黄島に引き続いての戦争ものかぁ~と思ったけど、
戦争は絡んでるものの、反戦ものではあるものの、いわゆる戦争ものではなかった。
あの時代の生活を画いた仲良し家族の結束力を画いたヒューマンドラマ。
吉永小百合の弟役に鶴瓶が出て来た時は、『おとうと』!!ってなった。
キャラもちょっと被ってる。この作品の方が先だったわけですね。

子どもにはつまらん映画だろうなぁ~。
もっと上の大人が見ると、さらにいい感じでしょうね。吉永小百合世代とか。
獄中の夫の無罪、生き方を信じ、愛し、献身的に支える妻の役は、吉永小百合にハマっていたけれど、
正直、小学生の子を持つ母としては、違和感を感じたんだ。
昔のアラフォーは、あんなに老けてたんすかね(^^;
うちのおばあちゃんも、その頃から総入れ歯やったとか逸話があるからなぁ~、、、

戦後、急速に進んだ少子高齢化、核家族化。今や、それぞれに、テレビ付きの部屋がある時代。
親子でさえの、人間関係の希薄化が進んでいるの、
ご近所、親戚、会社の人、助け助けられ、みんなに結束力があったこの時代、なんか羨ましいな、、、
戦争中の世ながらも、そんなことを感じさせる秀作。
★★★★☆ 絶賛しようとも思わないけど、観てない人は観たらいっかなって思う



『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』
テレビ大阪が映らなかったため、新世紀エヴァンゲリオンはリアルタイムで見てなかったし、
当時は、ブームになっていたのにも気付いていなかった程だけど、その後、友達に借りたビデオでと、
よみうりテレビでやっていた再放送でと、2回見ました、エヴァ。

ハマれん、理解力深まった大人になっても分からんことだらけ。
そう思うけど、やっぱり大人気のアニメってことで、気になり、『序』に引き続き、『破』も観ました。
この、新劇場版が4部作だってことも、初めて知った。
これは、昔の、ウチら世代の人がもう一度見てるだけなんじゃないだろうか。
新たな高校生層に、果たしてウケてるんだろうか?(・_・;

名セリフなど、ファン心をくすぐりつつ、新キャラを交え、全く新しい作品となっています。
特に、アスカやレイは、別人かと思うほど。いいか悪いか、今後の展開が、一応気になる。
ちなみに私、誰に似てる?って話で、「アスカ」と言われたことあり。詳しいこと、言ってくれな
かったけど、もしや、見た目の話でなく、明るい様で根暗で文句言いってな性格が!?( ̄□ ̄;
★★★☆☆ テレビ版との相違に若干の戸惑いアリ。違う結末というのが気になる
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

00 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宇治創こころ | ホーム | ガーブ ウィークス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/751-af8243bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。