全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
映画の感想
2011 / 07 / 04 ( Mon )
TSUTAYAでレンタルDVD、5枚で1,000円。

『ムーラン ルージュ』
恋愛もの×ミュージカルってことで、我ながら、珍しい物に手を出したなと思う。
まずは、洋楽にうとい私でも、あっこれ!と思う音楽がたくさん使われていたことに興味を引かれた。
ビートルズの「All You Need Is Love」、マドンナの「Like A Virgin」、M-1の出囃子曲も使われて
いた。ストーリー的には、この2人、どうなるの?!ってのはもちろんあるとして、安心して観られる。
ってか、「人生最大の幸せは、誰かを愛し、そして、その人から愛されること、、、」
めっちゃいいこと教えられますやん( ̄~ ̄) くそ~愛した人から愛されたい!最大の幸せ~~!!
★★★★☆ ストーリー的には★3つな感じだけど、総合すると、4つかな^^


『ライフ オブ デビット ゲイル』
観た人にしか、多くを語ってはいけない作品。
死刑とえん罪がテーマで、サスペンス要素が盛り盛り。
この前、『真実の行方』でハラハラドキドキしなかったと書いたが、
これも、有罪?えん罪??で同じような感じではあるのに、こっちはハラハラしながら観られた。
死刑廃止論者デビット・ゲイルの人生。なるほど( ̄~ ̄)
★★★★☆ 見応えあった!おもしろかった

ところで、ケヴィン・スペイシー、なんか好きだな。優しそうな顔。いろんな役ができる、演技派!
ふむ、なんか好きなのは、小日向(文世)さんと似ているからかもしれない。


『終着駅 トルストイ最後の旅』
世界的な文豪トルストイについて、私は、作品のみならず、ぜーんぜん知らずに観たけれど、
その知識なく観ても大丈夫、入り込んで観られる。
妻を深く愛しつつも、決断せざるを得なかった、他の貧しい国民のため、
思想を認め、神化してまで崇めてくれた同朋たちの未来のためへの著作権放棄。
夫、家族を深く愛しているからこそ、それが許せなかった妻。
どちらも間違いではない。価値観の違い。どっちかに偏ることなく、両者の気持ちがすごく分かる。
トルストイにとって、妻のヒステリーにはうんざりだけど、「愛ゆえ」と見ると、なんともキュート。
結婚生活50年近くになるのに、ラブラブな2人が羨ましくなる。
★★★☆☆ ほんわか観られる愛がテーマな作品


『瞳の奥の秘密』
あれ?これ、英語じゃないなぁ。テレビには、言語、「西」って表示された。西??スペインか?!
珍しい。アルゼンチン映画、初めて観た。
そして、観始めてから、「うわー!これもレイプ殺人ものかよぉ~(+_+)」って思った。
ちゃんと、DVDパッケージ裏の説明読んでから選んだはずが、この前観た『真実の行方』に続いて
しまった。過去を振り返るという設定で、現在と過去とが交錯しつつ明らかになっていく展開と、
事件とともに、思い出さずにはいられない、その頃から抱き続けている当時、諦めた恋。
最愛の妻をレイプ殺人という形で失った男の、後々の人生。ミステリーに愛が絡んだ作品。
★★★★☆ 観応えあった!


『陽のあたる教室』
単なるオススメじゃなくて、ある友達の、一番!な作品として見始めたわけだけど、
私にとっても、ほんとよかった!最後、めっちゃ感動~。
眠い目をこすりながら観たので泣けはしなかったけれど。
本来、自分の思い描いた人生を進めなくても、大事に思い、頑張り、自分の選び進んだ道というもの
は、確実に得たものがあり、それは素晴らしいことなんだよぉ~~ってな感じ。
★★★★★ いつかまた、コンディション良い時に観たい


1週間で5枚、キツ過ぎ。特に、珍しく、日本の作品借りなかったし。
字幕は、すごく集中力もいるし、2作品続けて観るってことも、なかなかできない。
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<グッド ビレッジ カフェ | ホーム | 未だ安さを求めてしまう私>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/721-da0f951b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。