全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
映画の感想
2011 / 06 / 12 ( Sun )
最近観た映画の感想を、また書いておきま~す。
詳しいキャストやあらすじについては割愛。
学生時代の夏休みの宿題の、読書感想文、本を読むのが好きな割りに、‘作文’ってところで、
苦手で苦手で、イヤでイヤで、ほとんどあらすじで原稿用紙を埋めていた時代を懐かしく思う。

その作品を知らない人にとっては、あらすじなども重要だけど、
レンタルする時にパッケージにも書いてるし、今やそんなん、すぐに調べられる時代やしねぇ。

でも私も、勧めてもらう時、「オススメは?」とだけで教えてもらうから、
たいていは題名だけしか分からず、
主演どころかジャンルも分からん、TSUTAYAに行っても、どの棚に置いてるんや?ってことになる。


『なくもんか』 ※テレビでやってた
クドカン×阿部サダヲ、絶対おもしろい!と思ってみたけれど、本当におもしろかった。
サダヲ演じる裕太は、親に捨てられたのに、めっちゃ明るく強(たくまし)くて優しい、カッコいい男!
お金を盗まれたのに、置き去りにされた子を、
我が子同然に育て、お店の後継者として扱った店主(カンニング竹山)もカッコいい!
人の強さ、優しさ、家族愛、いろんなことを織り交ぜた、笑いあり涙ありの秀作。
ちょっと、ストーリー性に欠けるかもって思うけれど、老若男女にウケる作品だと思う。
★★★★☆


『幸せのちから』 ※テレビでやってた
見ていて、どう考えてもハッピーエンドで安心して見られるし、子どもが見ても分かりやすく
疲れさせない、気持ちのよい、爽快感ありなサクセスストーリー。
だけど、ただのサクセスものじゃない。
全然違うんだけど、父子の絆、愛からは、かの名作『ライフ イズ ビューティフル』を思い出させる。
実話を元にというのと、子役が主演ウィル スミスの実の子が演じているというのがいいですねぇ。
父の愛こそ幸せのちから、そんな作品。いいなぁ~ちっきしょぉ~(こんな父に)憧れるぜぇ~って感じ。
★★★★☆


『おとうと』 ※テレビでやってた
こんな弟、イヤや~って思いながら、見捨てられない姉の気持ちも分かるー!
ちゃんと見たことなかったからやけど、蒼井優を、初めて、めっちゃかわいいやん!!思った作品。
加瀬亮も、いい!鶴瓶の演技がうまい!笑いあり、涙あり。
★★★★☆


『グッバイ、レーニン!』 
これをイチオシしてくれた人の感動も分かるけれど、私にはどうもそこまで入りこめなかった。
母を思う息子の気持ちが、やり過ぎやろ!ってぐらいに大き過ぎなんですよね。
そこまで!?って思っちゃう。
主人公を含め、協力してくれた多くの人の温かい心を思うと、映画らしい、いい作品だなと思うし、
あまりにも悲劇物は見ていて辛いから、これでいいような気もするけれど、
東西ドイツの歴史物として見た方が、私にはポイント高だったろうな。
東西の格差、一気に受け入れられ流れ込んだ資本主義と、共産時代を懐かしむ年配層。
1つの国が、あんな壁を設けてまで分断されていた過去を思うと、悲しいですね。
※『ドリームガールズ』を勧めてくれた人と同じ。
  あれも普通評価だったから、あの人とは映画の好みが違うってことかな。

★★★☆☆ 


『真実の行方』
野心のある男の話は好きだけど、法廷ものの割りに、モヤモヤが残ってしまった作品。
サスペンスとしている割りに、ハラハラドキドキも少ないし、、、
見る人によっては、無罪か!?有罪か!?って、どっちに転ぶかをハラハラするかもだけど。
リチャードギアはカッコいいし、法廷の進め方に、すごいな賢いなぁ~と思うし、
見て損はないかもだけど、★2.5でもいっかなって感じ。小説で読んだ方がおもしろそう。
★★★☆☆


『イキガミ』
オススメしてくれた人の気持ちも分からんでもないけれど、おもしろくなかった。映画にした意味が
分からん。まだ、10ch夜にやっているような、毎回出演の変わる、30分の連続ドラマとしてなら、
よかったかもしれん。宣告人役な松田翔太を軸に、死の宣告を受けた3人の最期の話で、
それぞれに感動できるところはあるはずなのに、現実にはあり得ない話だからか、
入り込めなかった、私。漫画原作なら、漫画のままでよかったはず。
命を大事に思う?人生、時間を大事に生きようと思い直すはず??はい、はい、命は大事ですよ。
後悔しないように、時間を使え?泣かそうとしてますか??いや、泣きませんけど。(辛口)

思えば、『いま、会いにゆきます』も、あり得ない話&最後にはいなくなるってので、私は泣けなかった。
酷評はあまりしない方だけど、これは悩むことなく★2。
1にしなかったのは、「分からんでもない」ってところ。
これがまぁ120分以上あるもんだから、最後まで観るのがツラかった作品。
作中や主題歌として使われた『みちしるべ』という曲は、いいなぁ~と思ったけれど。
3人の中では、「コマツナ」の話が一番よかった。
ところで、3人とも男なんだな。女にスポットは充てなかったのか?!
※映画とは違うけれど、えんどコイチの漫画『死神くん』は、めっちゃ名作!
  えずく程泣ける話がいっぱい。久しぶりに読みたいなぁ~。

★★☆☆☆


『フルメタル・ジャケット』
観ていて、かなり辛くなる作品だけど、ベトナム戦争もの&反戦ものとして、大人になったら、
一度は見ておきたい作品かも。特に、絶対テレビで放映されないし、借りて観るしかないね。
兵士養成期間のと、実際に前線に出てからの、両方の過酷さを味わえる。
オススメされなかったら観なかった作品だろうから、オススメされてよかったなぁ~と言える。
★★★★☆


こういう評価って、観る時の年齢、状況、精神具合などによって、変化するんだろうなぁ~。
嗚咽するぐらい号泣した『キャスト・アウェイ』は、今観ても、私は号泣するんだろうか?と
気になっている、今日この頃。だって、あまりにもみんなが私の説明で大笑いするんだもの。
借りるとなると、他のを借りてしまうんで、テレビでやってくれんかなぁ( ̄~ ̄)
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

18 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<寺蔵カフェ② | ホーム | 釜盛⑬>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/709-fe6d7c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。