全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
どっちに行く!?
2011 / 04 / 02 ( Sat )
前記の続き。


黒壁スクエアから駅向こうに、【鉄道スクエア】と【慶雲館】があります。
鉄道スクエアは「現存する最古の駅」、
慶雲館は「明治天皇が一時滞在されるために造られた日本庭園の傑作と賞される庭を持った迎賓館」
ということで、両方見たいが、両方17時閉館、16時半入館受付終了。今は16時20分を過ぎたところ。

迷いに迷い、隣り合わせな入り口まで行くと、入場、鉄道は300円、慶雲館は200円ということで、
パスポートを持っている私達は、よりお得になる鉄道スクエアの方に、入ることにしました。
残る時間で中を見ることに必死になり、外観を撮ること忘れていたのは、今さらながらショック。

待合室。親子のフィギュア付き(笑)
待合室
当時の規則や運賃表、年代物の掛け時計など、いろいろ掲げられていたのですが、
運賃、一番近いところは四銭など。この価値を‘今’に直すと高めなんでしょうかね?
数字は全て漢数字。お金の単位が「銭」だったり、「口札改」と書かれていたり、時代を感じます。


中庭には、腕木式信号機がありました。おもちゃであるやつですね。
鉄道スクエア あまり感慨深くないけど一応撮影(^^;


で、蒸気機関車。
蒸気機関車
大迫力!大人になってからマヂマヂ見るのは初めてかも?これ発明した人、ホンマにスゴいわ。


中に乗ることも出来ました。
計器だらけ
計器だらけ。どれがどうなってるのか、全く分かりませんねぇ。


運転席せっま~。
運転席



すぐに、ラピュタを思い出しました。
ラピュタ、、、
パズー、シータを追うドーラから逃げ守るために、、、 マヂでカッコイいわぁ~ パズー。



こちらは、日本初の電気機関車。三菱製だそう。
電気機関車
赤だったんですね~。窓は少ない。
2階に上って上部を見ることも出来たのですが、確かにこちらにはパンタグラフが。

クッションが入り、座り心地良い席になったようですね(笑)
運転席
その他、ここから、もっともっともっともっと改良されていったんでしょうね、今の電車まで。

たくさんの模型が展示されていたりもしましたが、あまり興味ありません。
慶雲館の方がよかったかも?で、閉館の17時まで、もうほんの少しあったので、
足早に、ちらっとだけ、慶雲館の前庭に入り込んでみました。
明治天皇長浜行在所
天皇が立ち寄るってことだけで、私費で建設って、スゴいですよね。あっぱれ。


キレ~イ!おっき~い!マヂでスゴい。
慶雲館庭
見ているだけで心が洗われるような気になる庭。これでまだ前庭。
手入れをちゃんとし続けてはるからだろうけれど、大通寺の庭のレベルにあらず。


でっか過ぎる大灯篭!
おっきな灯篭!
5メートルもあるらしい。
ウチの庭の灯篭さえおっきいと思って、「お化け灯籠」と呼んでいたのに、こりゃ3倍近くあるか!?

松尾芭蕉の句碑もありました。これもまた、なんてでかい!
ちゃんと深く刻まれているわりには説明文を読まなければ、なんて書いてあるのか分からないし、
芭蕉の句 解釈を読まなきゃ、どういう意味か分からないけど。


この「慶雲館」は、当時の総理大臣、「伊藤博文」の命名だと伝わっているらしいの、
ここまでの有名人の名前を聞くと、へぇ~~!って、驚きも倍増しますね。
あっ 私財を出した人は「浅見又蔵」という人らしいですよ。
なんか、伊藤博文のいいとこ取り(笑) いや、浅見さんにとっても、大光栄だったんだろうな。

有名な盆梅展はここで開催らしいので、またその時期にでも訪れたいものです。
一般公開は4~11月となっているので、見られる箇所が違うのかもしれませんが。

さてまた、駅向こう(東側)に戻るとするか( ̄ー ̄)
                                                          ⇒
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

16 : 20 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<のっぺいうどん | ホーム | 黒壁スクエア>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/670-b0761b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。