全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
大通寺
2011 / 04 / 02 ( Sat )
前記の続き。


ランチを終え、大通寺にやってきました。目指して来たわけではなく、歩いていたら着いた的な。
大通寺
デカー!門をくぐると鳩がいっぱい。これだけ大きなお寺に来るの、久しぶりだぁ~。
なんか、知恩院を思い出して懐かしい(´ー`)
せっかくだし、本堂に上がり、お賽銭入れて、なにとぞ~なにとぞ( ̄人 ̄)お参り

賽銭箱の横の方には、募金箱も置かれていましたが、あれは、くくりつけられてたんだろうか?
世の中には、ひょいって持ってく人もいるものでね。それが可能なぐらい、人は少なめのお寺でした。

で、奥では『あせび展』なるものが開催されていて、せっかくだしと入場しました。
ここの拝観料は500円だったのですが、この他にも、長浜の観光名所14施設から5ヶ所入場できた
り、協賛店からの割引やサービスを受けたりできるパスポートを、1,000円で購入することができ、
そんな、かなりお得なのをゲットすることができました!さらには、12/23まで有効ですって!
※この4月から発売されたばかりの「長浜浪漫パスポート」、詳しくはこちら


「あせび」って、「馬酔木」って書きます。
漢検2級を取得済みの私は、元より読むことはできていました。
が、ウチの庭にもあるこれが馬酔木だとは、知りませんでした。
さらには、毒性により、馬が食べると酔ったようになることから宛がわれた漢字だという。
いい勉強になりました。珍しいですよね、馬酔木展って。盆栽の販売もされていましたよ。
いい眺め


江戸時代初期に建てられた歴史あるお寺らしく、文化財な、造りや壁画や襖などを拝観できるの
ですが、それぞれの間(ま)に、いちいじ(笑)馬酔木の盆栽が置かれていて、いい華となっています。
特に、「撮影禁止」という文字は見られませんでしたが、なんとなく自粛。


大庭に着きました。おぉ~!
馬酔木展
下りて行って近くで見たりしました。年輪で分かるの?樹齢300年と書かれた鉢もありました。
馬酔木って、そんなに長く存命できるのですねぇ。300年のより、270年の方が立派でしたが。
(真ん中奥の白いのが270年ので、左奥のが300年の) 赤い馬酔木は、初めて見ました。

意識していなかったので切れていますが、左端にちょっと写っている鐘は、
「南北朝時代の銘を刻んだ梵鐘」として、県指定の文化財となっているようです。
「南北朝」と聞いたら中国??って思ってしまう「社会」嫌いだった一夜漬け試験勉強派のNissaniño。
鎌倉幕府終わった後ぐらいの時代のことですかぁ~。すごいですね~。


馬酔木 ←長い房!これが270年もの。
余談ですが、庭に生えてた馬酔木、子どもの頃、「爆弾の花」と呼び、お姉ちゃんが始めたのか、
この花をザーッともぎ取り、お互いにぶつけ合ったり、お母さんに投げつけたりしていました。
今から思えば、なんてかわいそうなことを(-_-;
けど、この房を見ていると、懐かしくて、ついもぎ取りたい衝動に駆られてしまうσ(^□^;

松の葉っぱに小っちゃいシャボン玉をいっぱい吹き付けて、「シャボンの咲く木」に見立てるため
必死になったりしてたあれも、後に枯らす原因となったんだろうか。あぁ子どもって残酷( ̄~ ̄)



結構見応えありました。
奥にあった2つの庭は国の名勝に指定されているらしいのですが、枯れていたり、苔コケやったりで、
キレイくはないもの。古き良きってことで、敢えて新しいものへと替えはらへんってことかぁ~。
確かに、そう思って見ると、精霊が宿っていたようにも、今さら思えてきたり?(笑)
前(入場)の方にある庭はキレイでしたけどね。
庭


大通寺を出て、ぷらぷら歩き始めました。
「カナダのバンクーバーのカフェにて人気のチーズケーキ」という気になる文句を発見して、
骨董品屋に入りました。骨董品とバンクーバーのチーズケーキ、関連がワカラナ~イ。
食べ歩き出来るように、スティック状のものも売られていましたが、席が空いていたので、
店内でいただきました。

ベイクドタイプだ。200円。
チーズケーキ
このお皿も高いのでしょうか。ケーキを、フォークではなくデザートスプーンでって、変な感じ。
骨董品屋って、若者の足がどうしても向かないの、こうやってチーズケーキを売ることで集客して
いると、おばちゃんが言ってはりました。そしてこれは、おばちゃんの手作りだそうなんだけど、
バンクーバーとの繋がりは、なんとなく聞けませんでした(・_・; 普通においしかった。

お店には、今は35歳になったらしいおばちゃんの息子さんの、
子ども歌舞伎(5歳から12歳までの男児による)を演じた時のものらしい写真が、3枚飾られていまし
た。5歳の時のは本当にもう、かわいい女の子にしか見えません。親とっては、かなりの誇りですね。

調べ直すと、こちらは【宇根屋(うねや)】というお店でした。


地元の人には当たり前的なこんな景色にも、つい見惚れてしまいます。なんだか伏見を思い出す。
風流~
まだ13時。長浜日記はまだまだ終わらない。                             ⇒
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

12 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<黒壁スクエア | ホーム | 人生初長浜>>
コメント
--初めまして--

過去記事で、スミマセン^^
「宇根屋 チーズケーキスティック」を検索してて、やって来ました~

次回は、宇根屋さんの立派な器で、チーズケーキを食べたいと思います♪
バンクーバーの謎を探りながら・・・
by: ネット * 1wIl0x2Y * URL * 2013/03/16 * 11:22 [ 編集] | top↑
--ありがとうございます!--

To:ネットさま
いえいえ、過去記事へのコメントも、すっごく嬉しいです^^
宇根屋のチーズケーキって、なんやったっけ??(^^;と思いながらも(笑)
ネットさまは丁寧な記事をお書きですね。
チーズケーキがすんごくおいしそうに、食べたいように撮れている!
バンクーバーの謎は聞いてしまっていいのか、ミステリアスのままにしておく方がいいのかσ ^ー')
by: Nissaniño * - * URL * 2013/03/16 * 19:37 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/668-e9bed298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。