全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
サントリー山崎見学
2010 / 08 / 11 ( Wed )
ずーっと行ってみたいと思っていたサントリー山崎蒸溜所のガイドツアー
モルトウイスキーの生産工程を(無料)ガイドしてもらえるのですが、試飲もできるということで、
大山崎というヘンピなところにあるのに、車やバイク、自転車でさえも行けない。
いや、もちろん行けるけれど、どうせならウイスキー絶対飲みたいから!!

京阪‘淀駅’から送迎バスが出ていた頃に行っておけばよかったものの、いつの間にか、
それもなくなり、となると、最寄りのJR‘山崎駅’や阪急‘大山崎駅’から歩くしかない。

大山崎、、、車ではすぐに行ける、隣の町って感じなのに、公共交通機関を使って行こうと思えば、
京都駅や四条駅にいったん出てからという、超めんどいルート。。。そりゃ行く気奮えないし(-_-;

それが今日、おばあちゃんはデイサービスに宿泊中やし、お父さんは仕事やし、
もしかしてお母さん、今日なら自由なんとちゃうか!!!?
お母さんのテンション低も影響してだけど、お母さんと一緒に出掛けられる機会はほとんどない。
たまには誘って連れ出してあげたい。うん、強気で誘ったら行けそうな気がする( ̄ー ̄)


「お母さん、大山崎のサントリーのウイスキー見学行かない?たまにはお出掛けいいやん☆
 私、飲みたいから運転してぇや。お母さん、ウイスキー苦手やろ?ジュースもらえるし」


お母さんじゃなくても、運転手犠牲になってくれる人がいるなら、(素直に)正直、
誰でもよかった感は否めないけれど、うまく、お母さんと出掛けられる機会にもなったし一石二鳥☆
さらには、弟も参加するってことになりました。珍しい3人でのお出掛け。

予約をしないと入れないかもしれないので、前日に電話をしたところ、既に埋まっている時間が多く、
朝一、10時からの回か、お昼ご飯にぶつかる12時しか空いていませんでした。
1回何人まで受付してはるんだろう?朝一で押さえました。


9時半に出発。お母さんは、知らない道は走りたくない人。行きの運転はさせられ(-_-;
慣れない車はちょっと怖い。弟はすっかりペーパードライバー。

大体の行き方だけ把握していたの、近付くと、「サントリー→」的な案内表示が小まめにあるので、
初めてでも迷うことはなく、スイスイ~っと着けました。
サントリー山崎
立派!!この、「山崎」の文字見つけた時に、めちゃテンション↑↑↑なった。
まずは、守衛(?)で受付を済ませるのですが、そこで、予めゲットしておいた、オリジナルグッズが
もらえるというクーポンを見せたら、山崎のウイスキーグラスを人数分もらえちゃいました。

あちらから「ありますか?」と聞かれたので、もしかしたら、その時聞いて初めて知ったとしても、
それから、携帯でページ開いて見せれば、もらえちゃうのかもしれません。
オリジナルグラス これは、結構嬉しいぞ(^皿^)
帰りの運転手なお母さんは、ハンドルキーパーのバッジを付けて、いざ館内集合場所へ。



全てウィスキー
うわ~ キレイっすねぇ~(〃∇〃)
部屋の壁がこれで、ソファでくつろぎ眺めながら、ウイスキー飲む妄想に取りつかれ、、、
体はもちろんバスローブ(笑)


見学者は、15人程が集まっていて始まったのですが、後で遅刻者が数名追い付いて来たので、
1回は、全員で20名程なんでしょう。子連れ夫婦、男1人、友達(男)同士、カップル、おばちゃん達が
いましたが、「ウイスキー」だからか、若い女性はいませんでした。私を除き( ̄ー ̄)

ガイドさんは同じぐらいか少し若いぐらいの、アナウンサーのように微笑みながらハキハキしゃべら
はる、ステキな女性。これ専属ってこともないでしょうし、普段は何をやってはる人なんかな?

ウィスキー・ビール・焼酎のつくりの違い
ウイスキーはビールと同じ大麦から作られているって初めて知りました。なんか不思議だ。


一眼レフな大層なカメラを首から下げている男の人が多いな~と思ったら、
ガイドさんが初めに、写真は自由に撮っていいと言ってくれはり納得。撮っていいの!?!?
たぶん、みんなは、知ってはったから、あないに堂々としてはったんかな?


工程① 仕込み
工程①
大麦を精麦して細かく砕き、仕込槽へ。高さ、4.5メートルもあるんだそう。


工程② 発酵
工程②
で、次に、この木桶で発酵させる。


工程③ 蒸溜
工程③
いろいろな形の釜で2回蒸溜。形によって、風味が変わるんだそう。
この釜々は、世界でも稀らしいの、味にこだわる日本人が作ったって感じがします。
この部屋はすごく暑く、説明なしで通り抜け。説明は、入る前と入った後で受けました。
気遣いができています。


工程④ 貯蔵庫
工程④
貯蔵庫、スゴいです~~。すっごく広い(2)部屋で、何樽あるか分からんぐらいの量です。
夏場にしては涼しく感じる部屋だけど、意外にも、1年を通して冷暖房は使っていなく、
今日のような暑い日には、香りが充満しています。
気分が悪くなってはいけないと、お子様は、先に、出口へと案内、出されていました。
確かに、(ウイスキーの)あの香りを吸い続けるわけで、大人でも苦手な人はいるでしょう。


熟成の差
右が4年物。左が12年物。その差、歴然ですね。量も色も。これが熟成の差です。


見学後は、試飲会(おつまみ付き)。
1テーブル、3人から4人に分けられました。
カメラ小僧達はみんな仲間で1グループかと思っていたけれど、夏休みを利用してでしょうか?
遠くからわざわざ来はったぽい男性もいはりました。(標準語やった)

女子2人で来て、もしか、若男子2人組とかと相席になったら、
「どこから来た~ん?」とかって会話、出会いが生まれたかもしれません(笑)


まずは、山崎10年のハイボール(ソーダ割り)を飲んでくださいと配られます。
おつまみは、サントリーオリジナルのビターチョコとナッツ類。良ければ「買って下さい」でしょう。
ウイスキー、チョコと合うとは良く聞きますね。私も合うと思います。
お母さんは‘なっちゃん’で。‘伊右衛門’もあり。

飲み終えた人から、山崎12年や白州10年も飲めます。
見学の後のお楽しみ
お代わりは水割りで。ソーダ割りより私は水割りの方が好みです。
おいしい水割りは、単に水を注ぐのではなく、グラスいっぱいに純氷を入れ、ウイスキーを適量注ぎ、
マドラーで13回半混ぜ、溶けた分、さらに氷を入れ足して飲む。これだそう。

ちびちび飲みたい私は、時間がなくて、2杯しか飲めなかったけれど、ここぞとばかりにお代わりを
している、お兄ちゃんやおばさんがいました。お酒、好きなんだろうな。強者だ!

山崎、どちらが好みだったか聞かれ、私も弟も12年でしたが、10年の方が好みだという人もたくさん
いました。白州も飲んでみたかったです。(途中でビデオ上映が始まったので、行きにくかったの)

あとは、ウイスキーやオリジナルグッズなどが手に入るファクトリーショップと、
ウイスキーの歴史を紹介した展示コーナーを見て解散。結構楽しめました♪
花の咲いている季節ではなかったですが、庭の手入れも行き届いていて、緑豊かで癒されます。

なお、見学途中に、神社を発見したので後から1人見に行ったのですが、かなり寂れてました(・_・;
椎尾(しいお)神社という名前だそうです。 ※椎尾神社についてはこちら


ウイスキーのおいしさ、分からないし、今後も分からないまま一生を終えるかもしれませんが、
今はこの、10月のイベント“オードブルと愉しむ山崎 2010 秋”が気になります。
「山崎」に合わせて考案されたオードブルって、めちゃ気になりますやん(^皿^)
来年の秋にもしはるかな?イベント、他の季節には、どんなんしてはるんだろう。
阪急やJRが面倒なら、京阪八幡市や淀から、乗り合いタクるのも良さそう。


(余談)
ブリヂストンの社名は、石橋(ストーン・ブリッジ)さん創業に因るものですが、
サントリーは、鳥井さんが…というわけではない。

当時発売していた赤玉ポートワインの「赤玉」を太陽(SUN)に見立てて、
これに鳥井の姓をつけて「SUN」「鳥井」、「サントリー」としたとのこと。へぇ~~~
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

09 : 50 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<三井アウトレットパーク 滋賀竜王 | ホーム | 中村軒>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/516-e380009a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。