全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
ぺルル
2013 / 11 / 16 ( Sat )
亀岡を去る前に、行きしに、
「ここ1~2年、新しく出来たみたいで、あの看板のケーキ屋さんが気になってんねん」
と国道9号線を走りながら指差していた、
宗蓮寺】横の道を進んだ新興住宅街にあるケーキ屋さん【páatisserie perle(ペルル)】に
寄ってみることにしました。

京都から亀岡に向かってで言うと、‘王子’の交差点を過ぎセブンイレブンを過ぎると、
もう少し進んだ先の左路地(信号なし)奥です。
普通の今時のおうちっぽく、1角が駐車場になっていました。

明らかに小さなお店で、入ったはいいものの買いたいものがなかったらどうしよう、、、
その時はホームページのチェックすらしていなかったのでめっちゃ不安に思い、
好みそうなのがなければシュークリームかプリンだけでも買って帰ったらいっかと思っていた
けれど、入ってみると、小さいながらにオシャレで美しいケーキが並んでいて、
2つに絞れない!と思う程のケーキ達でした。

特に、季節柄の「丹波栗」という文句にいちいじそそられる(笑)
丹波栗が高いためか、400円を超えるケーキ達も多く、無職な私に3つは買えない。

悩み悩んで2つに絞りました。
入店するとすぐに奥から出て来はった、若い女性1人でやってはるお店っぽい?!
並んでいるケーキについて質問すると、すぐに説明してくれはりました。

新興住宅街らしく、近隣にはお子様のいらっしゃるお宅が多いらしく、
リキュールは効かせていないケーキがほとんどとのこと。
これだけ美しいのに、400円以上するのに、
シャトレーゼでも充分な子ども向けとはもったいない!(笑)

材料の関係や人気に応じてなんでしょう、商品については頻繁に置き替わるとのことでした。
旬なものが食べられ、いつも同じって飽きが来ないお店のようです。

私たちがどうやってお店を知ったか気にならはったらしく、聞いて来はったパティシエさん、
看板が立ってからずっと気になっていたこと、遠くから来て近隣住みではないことを告げると、
あちらから「保冷剤を多めに入れておきますね」って、2つしか買ってないのに恐縮です。

でも、こうやって親切にされると、また買いに寄ろう!と思えます。


夜、寝る時間のことなんて考えない、22時前からいただいたそのケーキその壱。
京都丹波スイーツ選手権2013』で最優秀作品賞を受賞しはったという
“古都(koto)”という名の丹波栗&丹波黒豆のケーキ、450円。
古都
シンプルだけど凛とした古民家をイメージさせるプチガトー。
古き良き時代を感じさせる自然豊かな京都丹波の魅力をお菓子にしました。
黒色にインパクトがある丹波黒豆のタルトと艶やかで凛とした丹波栗のブリュレです。


栗のケーキについては、この受賞作と、
よく似た、じゃらんの12月号に掲載されているらしいコラボ商品と、
普通のモンブランと、3つとも食べたくて接戦でした。

モンブランは、あまりスポンジや他のクリームでかさ増ししていないのか、
山が低めなのに450円やったかな?高めで、その分丹波栗のおいしさ重視なんだろうと
期待させられたけれど、リキュールなしの時点で残念に思いそうだと一番に脱落、

やはり受賞作を食べてみたい!ということになりました。
ブリュレ好き、栗好きな私が惹かれないわけがない!
紅葉を見に来た今日、紅葉していないカエデの葉の乗ったケーキを食べるというのもオツ
でしょ(^皿^)

断面はこんな風になっていました。
断面
5層もあった。


ナイフで縦に全層ひと口でいただけるように切ります。
丹波栗と黒豆のコラボ 粒黒豆発見。
おいしかった!
タルトサクサク、甘さ控えめ。
栗の主張は多くないけれど、パクパクとイケる、やはり子どもにはもったいないと思う、
味わいあるケーキでした。


そのケーキその弐は、正式名称は忘れましたが、こんなキュートなレアチーズケーキでした。
レアチーズケーキ
中がどうなっているのか知りたくなったケーキ。400円。


そりゃそうだった、でも若干驚いた、中もベリーやった。甘酸っぱいのが入ってた(^^;
断面
土台はスポンジ。
1つ目は栗で2つ目はチーズと濃い~2つだと思っていたけれど、本当に軽くイケちゃいました。
850円が一気に無くなっちゃった!って思ったぐらい。これならもう1個買えばよかった(笑)

甘ったる過ぎないのが合っているのかもしれません♪
他のケーキも食べてみたくなりました(^Q^)
わざわざ行くことはなく、ついでとなると、あまり機会がないかもしれませんが。。。
長く頑張って欲しいケーキ屋さんです。
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

21 : 50 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メゾンブルー③ | ホーム | 続・出雲大神宮>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/1397-03fb7476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。