全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
映画感想
2013 / 10 / 06 ( Sun )
『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』 ※観るの3回目
すぐあそこの京滋バイパスが、レインボーブリッジの代わりに撮影に使われ、
よく見ると橋では見られない、周りに山や久御山JUSCOのピンクが見えるってことで、
それ再確認のためにもと久しぶりに観ました。
あと、どう違うかあまり分からなかったけれど海外ver.やったし。

懐かしい気持ちと共に、やっぱ、よく出来ているな~とは感じられたものの、これを海外
向けにしたとは、、、 あまり受け入れられなかったっしょ!?と思わざるを得なかった。
個人的にはもう、初めて観た時の意外性はないし、かみつき魔一連はキモい。
★★★☆☆ 3.3。和久さん登場が嬉しかったり、ドラマから観てきたファン加点ありで



『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』
逆に初めて観た加点なのか、面白く感じられた。ビールの件やいすわってる元署長など、
めちゃ笑ける。踊る!って感じ。『半沢直樹』の近藤が、そう言えば中国人の王さんとして
前作から出ていたことも思い出し、うまく中国人役やってはるなぁ~と、それもポイント。

ファイナルらしく過去の登場者がいろいろちゃんと出て来て、青島、室井、すみれのその後も
簡単にだったけれど、ちゃんと描かれていてよかった。いやでも、事件は超重いし、
なんかねぇ、それで犯罪に手を染める!?感もあり、いろいろと無理やりなんだな、、、

ずっと観て来ていたら、真下と雪乃さんの間にもうこんな大きな子が!?と微笑ましいけど、
最後の「ボルシチ」はなんだったんだろう(^^;とも思う。いろいろ変ではある(^^;
★★★★☆ 3.5。ストーリーは微妙でも、これで終わりと思えたし楽しめたのでよかった



『ダイ・ハード』
ようやく観ました。幾人もの人に、「おもしろい」とハードルを上げられての初観賞ですよ。
今やいろんな超人ヒーローがいる中、体力と知力を駆使して、生身の警官が立ち向かって
いくというのがいいですね。声優さんも合ってる。日本の企業が舞台なのも、ちょっと嬉しい。
昔の作品だからか、人がどんどん死んでいく感があり、出血シーンもすごく、多少ショックを
受けたけれど、ストーリーもテンポもアクションもキャラクターも細かい伏線も、確かによかった!
おもしろかった!軽く観てもおもしろい、細かいところまで気付き観るのもおもしろい。
★★★★☆ 4.2。スカッと小気味いいクリスマス映画



『舞妓Haaaan!!!』 ※観るの2回目
おもしろい、楽しいという感想を持っていて、大体のストーリーも覚えていたのに、テレビで
やらはるとなると、また観てしまった。でもお母さんは、ハチャメチャな感じや非現実的な
ところがだろうけれど、嫌いなんだそうだ。全ての人が楽しめる作品かと思えば違うらしい。

私には、阿部サダヲだけじゃなく堤真一のキャラがすごくよく、2人の掛け合いが楽しい。
笑える小ネタもいっぱい。掲示板から始まったケンカ、その表現法もよかった。
もちろん、京都が舞台というのも良い。
ただ、ストーリーはイマイチなのかなぁ?映画として考えると、そりゃしんみり要素も必要
なのかな?そこが中途半端な感じがして、、、 舞妓の世界のことも中途半端やし、、、
★★★★☆ 3.7。設定は嫌いやないし楽しいけど、真剣に観るならちょっと?かな



『自虐の詩』
まず、よくこの役を中谷美樹がしてくれはったものだなという感想。なんやかや実はキレイな、
そして何より演技のうまい中谷美樹さんがやってくれてはってこそ、この作品は成り立ったと
思っていいと思うのですが。

何だ!?と思わせられる序盤でだらだらなんだけれど、最後にはちゃんと感動を与えてくれた。
最後まで観ると、また初めから観返したくなる魅力がある。ハチャメチャながらも笑えるちゃぶ台
返し。でも、なぜこんなダメ男(阿部寛)を愛し続けられるのか!?求愛してくれている明らかに
誠実な店主(遠藤憲一)の方がいいやん!笑えるんですよ~ この店主が(笑)

親がいなくても、お金がなくても、たった1人の友達と離れることになっても、
そして、愛した男がダメ男になっても、、、
幸江の人生は不幸かのように思われたけれど、強く、何より生きてこそ、先に幸せがある。
★★★★☆ 3.8。ゆるいながらも、随所で‘愛’を感じられる、日本っぽい作品。
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<美カツ新アイテム | ホーム | リモーネ②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/1354-e20160be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。