全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
リストランテ美郷
2013 / 09 / 05 ( Thu )
ランチに誘ってもらって、さらに私の超超行ってみたかった「美郷」の名を挙げられ、
わきゃー!ヾ(≧∇≦)〃とテンションアップで出掛けました。
こちらでも、「行ってみたい」とだけは何回も言っているように思います。

Ristorante 美郷(みさと)】
カフェバー閏ケヤキテラスの系列で、
五条と四条の、河原町と烏丸の間にある、町家でいただけるイタリアン店です。
行きたい!行きたい!と言いつつHPを拝見したところ、
さすがの私も1人では絶対に行けないなと怖気づき、今日に至りました。
予約もほぼ必須ですしね。前に、土曜日だったか日曜日だったか数日前に電話したところ、
すでに空いていなかったことがあります。
今回は平日だったから、数日前で間に合ったのでしょう。

私は京阪‘清水五条’駅より歩きました。が、
「まずは五条通を西に歩き、和食さとのある通りで小道に入るのだな」
それだけ覚えて出たところ、1本違う筋に入ってしまい、
私は今、何通りにいるのだ!?(><)と、
先に現地に着いている友達に救出依頼電話を掛けることになってしまいましたorz

柳馬場と高倉通の間の、
2つとは違って五条に向かっての一方通行を逆らって歩くと覚えておけばよかったぁ~。
間違った時の、「松原よりも五条寄り」というのも必要でした。

京都以外の人からしたら不思議でしょうね。
通りの名前と東西南北の頭に入っている者同士なら、ほんと、ちょっと聞いただけで、

「この通りは南行きやから、1本東西どっちかにいるんちゃう?松原に出たら、柳馬場と高倉
 の間の堺町通が南行きやから、それ下ってや。ほな専門学校があるから、そのすぐ近く」
なんて分かりやすい説明なんでしょ(笑)

「松原」ってのは、「丸竹戎に押し御池~ 姉三六角蛸錦~ 四綾仏高松万五条~♪」
って歌ったら、
「さっき五条から1本上がったから、もう1本上がったら松原やな、それで東の南やな」
ってなるんどすえ~(^皿^)

どうなんやろなぁ~
今の若者は歌うよりスマホでポン!なんかなぁ??
迷子の話はさておき、のれんをくぐり前庭を通り過ぎ、入店。
敷居が高そうで、ふぐ料理でも出て来るんちゃうか?ってな雰囲気です。
やっぱ1人じゃ無理だった。

2人だけどゆとりある4人席に案内され、メニューをガン見。
コースAのパスタで我慢か、せっかくやしメインの食べられるコースBにするか!?
パスタだと1,600円、それにデザートを付けると2,100円。
デザートもメインも付いているのにするなら2,500円です。

女子同士は、友達はどれにするのか!?と合わせようとします。
2,500円ぐらい、「たまには贅沢!」と思える者同士ならいいのですが、
相手が例えば少食だったり専業主婦だったりすると、どっちいくのかと気を遣っちゃいます。
あと、ランチ後どのように過ごすかにもよりますね。ランチ後またすぐカフェに移動で、
今度はケーキ食べながらおしゃべり~♪なんてのも、女子はしますから(笑)

パスタは3種、メインは魚かお肉かを選べます。
それも悩む。
するとお店の方が、「選ばれたのを全て半分ずつお持ちすることも出来ますよ」って、
ビックリ提案をして来られたのです!

要は、
おつきだし、前菜盛り合わせ、本日のパスタ、本日のメイン料理、ドルチェ盛り合わせ、カフェ、
で2,500円のコースなのですが、
本日のパスタとメイン料理で、友達とそれぞれ違うのを頼んだら、
テーブルで取り分けることをしなくても、4種のお料理が楽しめるってこと。

ガーン( ̄□ ̄; 衝撃(いい意味で)


是非お願いします!!!(≧∇≦)
もうここまで言われたら、パスタコースのみで我慢してらんない。

おつきだしから。
おつきだし
きのこですね。前菜の前に、さらにつきだしがあるとは嬉しい限りです。
いただきながら、前菜を待つことが出来ます。


そして、前菜盛り合わせ。
前菜盛り合わせ
キレイですぅ~☆

見てこの、梅?に見立てたソースと実。
梅!?
かわい過ぎる。バルサミコ酢とバジルソース、それにピンクペッパーでしょうか。
真似たい。

キッシュやらカプレーゼやら、いろいろ乗っていて、丁寧に説明してくれはります。
前菜①


この手前の茶色いのん、“ハモの赤ワイン煮込み”って言わはったかなぁ~?
ハモの新しい食べ方だと思いました。

ハモ、ケンミンSHOWで言ってはったけど、全国の4割が京都で消費してるんやって。
夏場、普通に小さめのスーパーでも売ってるのん、ヨソでは無くて珍しいねんて。
こっちゃ、お店で食べる天ぷらとかはおいしいし、旬やなぁ~とは思うけど、
わざわざ家で、湯引きの、あの甘い梅だれで食べるやつ出されても、全く嬉しないで(^^;

あと、ハモと言えば、押し寿司です。
ウチん家ではちらし寿司よりよく登場し、家で食べるお寿司と言えば!な感じです。

前菜②
薄切りバケットの刺さっているマッシュポテトのようなものは、
3種使われたチーズ料理。「是非、パンに塗ってお召し上がりください」とのことで、
これがもう本当に濃厚でおいしかった!くっさいカビチーズが苦手な私がおいしく。

ちょうどパンも2種出て来たので、ぶどうじゃない方にさらに付けていただきました。
パン2種
アツアツのカリカリです。中はソフト。
無くなるとお代わりを聞きに来てくれ、
普通のとぶどうのと、どちらにしましょうか?ということまで聞いてくれました。


パスタ1皿目。
“松茸と白茄子のトリフォラート”
スパゲッティー①
今回は松茸ですが、トリュフのようにきのこを薄切りにし、
オリーブオイルやにんにくで炒めたのを「トリフォラート」というようです。
このような説明も、すらすらと教えてくださいます。
スタッフ教育の万全なこと、これがかなり高評価に繋がっているマスターマインド社系列です。

あぁ おいしい~ 1皿全部いただきたかったぁ~(*´へ`*)
そう思っている間に次のパスタです。


“アマトリチャーナ クレマ(クリームソース)” 正式名失念。
スパゲッティー②
何かひき肉が入っていますが、それよりチーズ臭がすごかったです。
これやゴルゴン君ですな( ̄へ ̄)
めっちゃ濃厚で、好きな人にとってはたまらない、ごっつおいしい味だと思いました。
私は苦手な上、さっきのが美味し過ぎて、ちょっとこっちには残念感がありました。
こっち1皿でなくてよかったです(^^;

閏では当日打ち立てモチモチの生パスタがおいしかったですが、こちらは乾麺使用のよう
でした。生独特のモチモチ感じられずとも、茹で上がりバッチリアルデンテのスパゲッティーは
おいしかったですけどね。なお、今回選ばなかったパスタはカラスミでした。


ランチごときでお料理ごとにフォークを変えてくれはるのが非常に申し訳ないと思いながら、
3皿目のお魚料理、
“メダイと季節の野菜の煮込み”
魚料理
夏のお魚料理の王道ですね、こういうの。
酸っぱくなくて食べやすかったです。


またまたナイフとフォークを替えてくれますよ。
土日だったらもうちょっとお客さん人数も多く(今日は満席まではいっていない)賑やか
なのか、ほんと優雅な気分でお食事出来ます。
サービスも良ければ、結婚披露宴でしかいただかないような、フルコース(偽)ですよ(≧∇≦)

“仔羊のロースト クスクス添え”
肉料理
立派~☆
お肉柔らかくおいしく、30半ばの私たちにとっては、この大きさで充分でした。
お皿が足りなかったのか、お肉料理はこれ!と拘りの仕上がりなのか、
これは白いお皿ではありませんでした。

ちなみに、赤いテーブルクロスに、お水のコップは青いんです。
お客さんがいたのと、店員さんが少し離れたところで、いつもこちらを見て気を配ってくれて
いるので、店内写真は撮れませんでした。


最後にドルチェの盛り合わせ。
ドルチェ盛り合わせ
もちのろんろん(お母さん語:笑)、お皿は冷やしてくれてあります。
お料理の時は温められていたしね。


何がどうだったのかは忘れてしまったのですが、
このアイスクリームはこのお店オリジナルっぽくて、すごくおいしかったように覚えています。
お砂糖の代わりにテンサイ使用だったんだか、里芋的な珍しいアイスだったんだったか、、、(?_?)
ザ・おいしそう!


ホットコーヒー。
コーヒー
友達はローズティーをいただかはりました。
初めのおつきだしの出て来たのが11:50で、
ゆっくりおしゃべりしながらいただき、このコーヒーの出て来たのが13:15。
ここからまだなお、このコーヒーでまったりおしゃべりタイムを楽しませていただきました。
ほんと、たまにはいいやん!の合う人となら、せっかくやしワインもいっちゃいたいぐらいです。


お手洗いは縁先の伸びる、奥の中庭の先にあり、戸を開けたりすら店員さんにしていただけ、
慣れない私はハニカミ恐縮であります。

もちろんお見送りも外まで。
入る時には迷子により数分遅刻したため、帰りに外観写真撮ろうと思っていたのに、
なかなか店内入ってくれずで、心の中では、お見送りより写真撮らせてくれ~~~!なんて(^^;


2,500円のランチとだけ聞くと私にはすごく贅沢の部類だけれど、
とてもいいお店で、2,500円なんかでいいんですかッ!?と思わされる程でした。
まだ行けていない【ごはんや蜃気楼】始め、ほんまここの系列は制覇したい!と思わされました。
憧れ【醸造庭(じょうぞうてい)】は、
高瀬川を臨みながらワインや日本酒を楽しめる超大人な空間BARです。
最近気になっている小市慢太郎さんと行きてぇなぁ~(笑)
大人で穏やかでにこにこしているイメージ。しかも同志社!頭もいいんだよ~~(^皿^)
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

11 : 30 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高台寺 | ホーム | おうちホットケーキ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/1342-db7a1998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。