全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
友ヶ島ハイキング⑥
2013 / 06 / 09 ( Sun )
前記の続き。


右に見えるのが、発電所跡で、左に見えるのが、将校宿舎跡。
発電所と宿舎跡


先ほどの聴音所跡と違い、ちゃんとおうちチック。
ぼろぼろ

将校宿舎跡

中には入れませんが、窓から中は覗けました。
日本家屋
ほんと、めちゃ日本家屋や。
辛い任務に就きながらも、こんな憩いの場があったんやな(´ー`)


ここからは山道をずんずんと進み、
登山道


休憩が少なければ少し汗ばみもしてきて、いい感じやん。
岩と根と
道中、小型の持ち歩きの出来るコンロで、ひっそり彼女と2人だけの山中BBQをしている
カップルを見掛けました。彼氏、荷物も大変だったろうに、やったなぁ~(^^;
何もこんな山中でBBQせんでも、お弁当食べるだけでいいだろうにって思ってしまったけれど、
あっぱれです!

木々の間から海に神島を見つけては、
神島発見
あ、神島や!って思いつ歩く。


南垂水広場に着きました。
ここで少し休憩、A班、B班と集まりました。
そして、見どころが終わり、帰りのルートより離れてしまうけれど、第4砲台跡を見たい
グループと、先に桟橋へと戻るグループと分かれました。
何人ぐらいが帰るグループを選んだのか?女性だけのグループが、多く第4を諦めたようです。


15:30。第4砲台跡。
第4砲台跡


宿舎の崩れ加減がすごい。
ぼろぼろ


奥のスロープを下りると、
ひっそり
先ほどと同じような弾薬庫。中は少しぬかるんでいました。
行き止まりなことと、木々の枝や根が放置され放題、腐枯れ葉がふんわり積もり放題で、
第3より不気味さが増しています。

今回、沖ノ島から一番近くで見下ろす感じで撮れた神島。
神島


お~ 桟橋が見えたぞ~ 戻って来たぞ~。
見えた桟橋


無人島感満載のビーチが見える。
無人島感
最近、映画をよく観ているから、
トム・クルーズと美女なんかが似合いそうだな~なんて考えてしまいました。

ごつごつ


桟橋では多くの人が釣りをしていました。
桟橋で釣り
もともと釣り目当ての人達なのか、勤務関係者で合間の時間にしてはるのか?
舟は午前中3便、午後に3便です。
先に、第4砲台に寄らなかった人達は、舟と人数の関係で、先に15時半の便に乗ったよう。
私たちは最終16時半の便に乗るのに、まだあと40分待たないといけない。
集団行動に無駄な時間が多いのは仕方ないとして、ポツポツ雨も降って来たし、ちとやっかい。

これだけキレイな芝生の広場に、誰も人のいないのはもったいなく感じます。
広場で舟待ち
遠くで鳥の声が聞こえ、それはクジャクだとのことでしたが、
結局クジャクも鹿も見られずじまいでした。

それにしても、この穴ぽつ開きの石はどういうことなんでしょう??
これは!?


長年、波しぶきを浴びたらこうなりもするとか??!
なんでだろう?
不思議過ぎて、たまりません。


暇を持て余したのち、ようやく出航時間に。
っても、まだ戻って来ていない若者がいるらしく、少し出発が遅れました(-_-)
ほって行けばまた、彼らのために出航しないといけないからって。
なんとか帰りは座ることが出来てよかったのですが。
帰りは船内ガイドもなく、ひと眠りした間に加太へ到着。

先に加太へと戻ったグループは、どのように時間を潰してはったんだろう?
ただバスの車内でおしゃべりなのかな?


18:10。岸和田SAに到着。
朝、同じく寄った岸和田SAにてトイレに行ったのが最後。
よくもまぁ持ったものです(^^;
飲み物は、家から持って行った500mlペットボトルのお水1本で充分でした。

京都駅に帰ってから晩ご飯とすると帰宅が遅くなっちゃうので、車中で食べることにしました。
少しガッツリしたもの、そして珍しいものが食べたいかな?お店をうろうろしても、
売り切れで買えなかった“みかんパン”以外、特に食べたいものはなかったんだけれど。
晩ご飯
一応、「岸和田SAエリア名物」と書かれたカツサンドを買いました。580円。
芭炎蕾】は「ばからい」と読み、そうは思っていなかった、パン屋さんの名前でした。
岸和田のSAは上り(大阪方面行き)の方が立派です。

冷蔵庫の中で売られていてカツも冷たく硬いまま食べたので残念でしたが、
ソースの味もよく、常温で食べられたらよかったな。


順調に20時過ぎ、京都駅に到着。
すんなり近鉄電車も来て、駅からはタクシーで帰ろうかと思っていたんだけれど、
なんとなく歩き足りない気分で歩いてみました。
普段、京阪‘淀’駅を利用してるけど、ウチん家って、近鉄‘向島’駅の方が近いんよね~。
淀までは歩いて45~50分ぐらい。向島の方が近いなら、40分ぐらいかな?

足止めばっかりで物足りなかったと言っても1日歩き回った後の40分ウォーキングは少し
飽き飽きだったけれど、昨日と合わせて日頃の運動不足は解消されたはず。
お風呂にゆっくり浸かったから筋肉痛もほとんどなく、大人の遠足、いい1日でした♪
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

14 : 45 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<映画感想 | ホーム | 友ヶ島ハイキング⑤>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/1341-05db8420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。