全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
愛宕山鎮火祭③
2013 / 04 / 24 ( Wed )
前記の続き。


水尾別れのところからは、霧もより濃くなってきました。
一番初めに、お母さんと並びで後ろ姿を撮ってもらったのは、このポイントです。
上っている後ろ姿を撮って欲しいなんて、少しビックリされましたが、
いい記念となる写真を撮ってもらえて良かったなと思っています。
                     霧と杉林
随所で写真を撮りたい私と、それで遅れがちになる私を心配し、振り返る母。
こちらとしては、「も~ 振り返らんといてぇさぁ~(^^;」ってやつ。

ただの坂道のところも、丸太の階段のところも、こんなキレイな石段のところも、
石段 いろんな坂を越えてきました。
お母さんは○/40の看板を拠り所として。(1枚ぐらい撮っておいたらよかった)


水尾別れから歩いて20分程のところに門がありました。
京口惣門

ようやく、境内に!!
黒門


こんなごつごつの石段は、枯れ葉が落ちていることもあり、下りしなに滑ること要注意。
この辺りからは、 続く石段
体、暑いどころか寒くて、やっぱパーカーを着て来てよかったな~って気温です。
特に汗が冷えてってことも大きそう。


この左手に社務所がありました。祈祷の受け付けはここでお願いするんだそう。
社務所付近
地図によると、神社はこの先なんですが、神社と三角点はちょっと離れているよう。
神社目当ての会だけど、どうせやったら三角点まで上りたいなぁ(・_・;
ここからは1段1段が大きめの石段が続き、私も杖を役立てていました。
太ももが悲鳴上げてる感じがするぅ~。
と言っても、お母さんは私よりペースが遅いので、それに付き合いながらの登山は余裕な
感じがしました。10:18、ようやく神社に到達。休憩少々で、2時間で上ったわけです。
ようやく!
手前に手水舎がありましたが、きったなくてとてもじゃないけど清められない(^^;
このまま失礼しま~すm(_ _)m

両端の青竹にはヘビが掘られていました。
この入ってすぐ右側に休憩場、左側でお札、お守り、おみくじなどが授かれます。
雨の日ということと、平日だからか、登山中、なんと誰1人とすれ違わなかったのですが、
ここでようやく、人に遭いました。

でも、お仲間がいないわ(・_・;
しばらくすると、まだ祈祷には早いんだと、みんな社務所で集まっていると、
同級生君が上がって来てくれました。
お母さん、上って来たことを大後悔(^^; 確認もしないで無駄に歩いたことを。

社務所に戻って、奥の戸に入ると、そこはザ・山小屋。
天井が高く、土間の一角が囲炉裏になっていて、薪をくべてくれているおじさんがいました。
ありがたい暖
わぁ~ ありがたい!本当に寒かったのです。
お母さんは、煙の臭いの付くことお構いなしに、帽子やタオルをあぶったり、
背中向いて座って、背中を乾かし始めました。
おじさん達も、靴を脱いで靴下あぶったり、、、(^^;

しばらくして、私たちより遅かった最年長のおじさんも、無事入って来はりました。
ほんと時間掛からはったんやなぁ(・_・;
でも、そんな人でも2時間半もあれば、上れる山だということが分かりました。
同じような標高でも、3時間半掛かった六甲山とは全然違う。

やはり初めの坂で、一気に標高上れたんだろうことが分かります。
私にとっては結構ちょろい山でした。
初めと、ついさっきの神社手前がちょっとキツかっただけぐらい。
お母さんのペースに合わせたからってことが大きいんだろうけど。


それはそうと、なんと祈祷の時間まで1時間以上、ここで待ってなきゃいけないんだって。
お腹空いたなぁ~(´□`)
1時間ここにいるぐらいならほんと、私だけでも三角点目指そうかと思ったんだけど、
心配させるのもよくないし、勝手すること、言い出せませんでした。

なんやぁ~ 時間が決まってたんなら、もっと遅くに上り始めたらよかったんやん。
他の集落の方と一緒の時間に祈祷してくれはるんだそうです。

と、その方も早めに到着しはったということで、予定の時間より少し早めに祈祷してくれ
はることになり、もう一度、みんなで神社へと上りました。
雨が少しキツくなっていて、しっかりズボンまでカッパを着て。

そしてお母さんの、「(さっき上って)損した」というのを何回も聞きながらσ(^ー^;


                                                   ⇒
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

09 : 45 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<愛宕山鎮火祭④ | ホーム | 愛宕山鎮火祭②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/1302-d9668d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。