全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
映画感想
2013 / 03 / 03 ( Sun )
『CHAALBAAZ(ドタバタ・ツインズ)』
無茶苦茶な設定だらけだけど、インド映画というところで許し、面白く観られる。
日本の作品ではあまり観られなくなった暴力虐待シーンも、コメディタッチなのと合わせ
られているので、軽く観られる。期待していなかったのと、字幕なので、邪道にも1.5倍速で
観たんだけど、テレビでは特にミュージカルシーンが大幅にカットされていたらしいので、
ストーリー的にはそれで問題なし。踊りシーンこそが、インド映画の真骨頂だったかもだけど、
全部だと155分って、長過ぎですからね(^^;
いつ出くわすねん!とずっと思っていた、双子の共演シーン。
それのほとんどないところを読むと、主演女優さんは実は双子ではなく、合成なのかな?
★★★☆☆ 3.2。分かりやすい内容、ハッピーな終わり方が好き



『すべての美しい馬』
西部とか、カウボーイとか、全く知らない世情の話で、
そうだったんだなぁと、納得させられる事(例えば、馬と銃がいかに重要かなど)が多く、
もう少し時代背景の知識があれば、抱く感想も変わったかもしれない。
とりあえず、自然美の素晴らしさ、時々の、乗馬なシーンがよろしいし、
マット・デイモンとペネロペ・クルスが恋に落ちはるとことか、めっちゃよろしい(*´∇`*)
★★★☆☆ 2.8。ゆるいながらも観入ってしまい、最後は、なるほどね!ってなる作品



『いぬばか』
もともとスザンヌって、あんなしゃべり方だけど、演技が下手過ぎて笑える。いや、逆に、
熊本から出て来たばかりの田舎者という、ピュアな子設定通り与えられて、いい感じ!?
前田健のエピソードはなかなか良い☆ 犬と、特にスザンヌが好きな人向けの作品。
配役がスザンヌでなければ、ガラリと印象が変わったんじゃないかと思われる。
★★☆☆☆ 特に癒されるってことはないけれど、観疲れることもない 



『クライマーズ・ハイ』
題名からして山登りの話かと思ったら、新聞社の話か!とビックリ。堤真一の、
現在(いま)と過去の違いが、ちょっとした白髪ってだけぐらいだから、ところどころで、
あれっ?ってなっちゃった(^^; 最後まで観てから、もう一度最初だけでも観ると良し。

これを観て、働いている多くの人が、そうそうそう!って思っただろう。
めっちゃ、上の方の人らにイライラさせられる。組織ってやつぁ!って感情移入させられちゃう。
総務な私としては、事務所内に貼られた省エネを呼び掛ける貼り紙などに、目ざとく目が行く。
そのリアルさに、そうそうそう!(笑)

バランスいいけれど、短い時間の割りに、いろいろ積み込もうとされ過ぎた感は、ちょっとある。
思い返せば、たくさんの立場に感情移入出来る作品だと思う。
軽く観流すんじゃなくて、ちゃんと、営業の努力、悔しさも分かってあげてよ、みんな!
★★★★☆ 特に、男の人が好みそうなアツい作品



『ALWAYS 三丁目の夕陽'64』
2作目を観ないままで3作目を観。よく出来た話です。
出来過ぎ感のあるところもあるけれど、気にせずいい作品となっています。
茶川と淳之介の最後んところは、私にはちょっと臭かったけど(^^;
特に、この作品の、吉岡秀隆の情けない男っぷりと、堤真一のキャラは、ほんといいです。
泣き場所もあります。さぁ、愛を感じて、思う存分泣きましょう!
血の繋がり関係なしに家族!近所付き合い!!いいなぁ~(´∇`)
気になるのは、やっぱ、「続」を観てから観るべきやったかなぁ?
★★★★☆ 愛溢れる作品。東京行って、夕陽と東京タワー、見てみたい
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マルちゃん正麺 vs ラ王 | ホーム | リトルマーメイド>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/1196-2a797b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。