全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
甘南備山
2012 / 07 / 14 ( Sat )
前々から気になっていた、田舎のおばあちゃん家奥にある甘南備山へのハイキングコース。
小学生の頃に登ったってお母さんの記憶によると、整備されていて今や車でビューンとでも
上がれるよう。
往復で1時間程のユル山やってことで、フレンチ後、普通の私服で向かいました。

あの竹やぶの横を通って行きます。
右奥があの竹やぶ
たこのこ掘りの時にはこちらを見下ろしていたわけです。


この辺歩いている人を、私も今までよく見掛けていましたが、今日は15時半という時間帯な
ため、だ~れも見掛けられません。
山へと続く道
ユルい山こそ変質者とか現われるって聞いたしなっ!
ユルいと思って1人で行ってはいけません。かと言って、
こんなユルい山にわざわざ付き合ってもらうの悪いな~思っていたん、友達に感謝!


上の方で働いている人なのか、カブでビューンと上がっていくおじさんを1人見掛けましたが、
なんとも寂しい山です。
入ってくぞ~
今日は、山の常識、「こんにちは~^^」は炸裂しなさそうです。


案内板が出ていました。
コース案内板
こういうのをデジカメで撮っておくと、あとで迷った時に見返せます。
私たちは平坦な手前から歩いて来ましたが、
自転車やバイクの人は、ここに停めて上がっていけばよさそうです。


薪甘南備山(たきぎかんなびやま)。アピり石
薪(たきぎ)とは、この辺りの地名です。ウチのおばあちゃん家も薪です。


芝生広場もあるんだな~。小学生のハイキングコースにほんと良さそうだな。
京の自然二百選
京の自然二百選に選ばれているようです。
どこを目指して歩こうか?まずは神社や展望台かな。アスファルトで舗装された道を進みます。


リアルでもっと分かりやすい案内図がありました。
案内図
                                         ※クリックで拡大可



神社の手前にこんなのもありました。
第20回初登り記念?
私が4歳の時からここにあったんかぁ。こういうのは劣化しなくて残っていいですね。


さっき、あの京奈和道の下を歩いて来たことを思ったら、上がってきた上がってきた^^
おぉ~上がってきたぁ~
そんなに歩数歩いてないから、それだけ坂道をグイグイ来たってことでしょう。
会話しまくりながらでも余裕なレベルだけど。



神社。
神社
明るいから恐かないけど、人がいなくてサミシ~い~。
無事に下山出来るように、一応お祈りし、すぐまた鳥居まで戻って来て、今度は展望台の方へ。


展望台からの見晴らし。晴れていたら、もっとスキーッっと見渡せたのでしょうか。
展望台から
休憩しなあかんほど疲れてはいませんが、
この展望台は屋根付きで、腰掛けられるようにもなっていたので、ここでお昼ご飯を♪ とか
目指して来るのもアリでしょう。手前うっそうとしてるし、大した眺めではありませんが。

                                                 ⇒続
関連記事
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

15 : 30 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<続・甘南備山 | ホーム | ビストロ ヴァン キャトル②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nissanino.blog115.fc2.com/tb.php/1012-1de3632e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。