全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
シェフ・ナカギリ②
2014 / 02 / 09 ( Sun )
レガルを出て次に、すぐ近くのヴェールデグリでお花など見て冷やかし過ごそうかと
向かったのですが、あいにくの満車で、駐車場前で結構な時間空くのをおしゃべりしながら
待っていましたが、空く気配はありませんでした。
みなさん、のんびりお茶タイムされているのでしょう。

なかなかこんなお店に女子を連れて来られる機会ないんだけどな。残念。


趣旨を変え、パン買ったけど、今日帰って食べるスイーツも買って帰りたいなと、
CHEF NAKAGIRI(シェフ・ナカギリ)】へ向かいました。相変わらず大人気のお店。


名前失念 レアチーズケーキ 378円。
レアチーズ
真っ白で美しいな~
クリームチーズ風味のプリンって好きだから、そんな感じかな~と選んだのですが、

ガッツリクリームチーズでした。
中
それでなくとも酸味を感じるチーズなのに、中にベリーソースまで。スポンジもあったけど。
濃い~ 酸っぱい~。酸っぱい濃厚なのが好きな人向けケーキでした。


“苺のパルフェ” 378円。
苺のパルフェ
フルーツたっぷりで、いいな~と思って♪

プリンも好っきゃし♪ 横から

って、またベリー(ムース)かよ!中

酸っぱいのはお酢だけでなく、ちょっと苦手めなにっさにーにょでした。
前回食べた4種類はこちら
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 30 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぺルル
2013 / 11 / 16 ( Sat )
亀岡を去る前に、行きしに、
「ここ1~2年、新しく出来たみたいで、あの看板のケーキ屋さんが気になってんねん」
と国道9号線を走りながら指差していた、
宗蓮寺】横の道を進んだ新興住宅街にあるケーキ屋さん【páatisserie perle(ペルル)】に
寄ってみることにしました。

京都から亀岡に向かってで言うと、‘王子’の交差点を過ぎセブンイレブンを過ぎると、
もう少し進んだ先の左路地(信号なし)奥です。
普通の今時のおうちっぽく、1角が駐車場になっていました。

明らかに小さなお店で、入ったはいいものの買いたいものがなかったらどうしよう、、、
その時はホームページのチェックすらしていなかったのでめっちゃ不安に思い、
好みそうなのがなければシュークリームかプリンだけでも買って帰ったらいっかと思っていた
けれど、入ってみると、小さいながらにオシャレで美しいケーキが並んでいて、
2つに絞れない!と思う程のケーキ達でした。

特に、季節柄の「丹波栗」という文句にいちいじそそられる(笑)
丹波栗が高いためか、400円を超えるケーキ達も多く、無職な私に3つは買えない。

悩み悩んで2つに絞りました。
入店するとすぐに奥から出て来はった、若い女性1人でやってはるお店っぽい?!
並んでいるケーキについて質問すると、すぐに説明してくれはりました。

新興住宅街らしく、近隣にはお子様のいらっしゃるお宅が多いらしく、
リキュールは効かせていないケーキがほとんどとのこと。
これだけ美しいのに、400円以上するのに、
シャトレーゼでも充分な子ども向けとはもったいない!(笑)

材料の関係や人気に応じてなんでしょう、商品については頻繁に置き替わるとのことでした。
旬なものが食べられ、いつも同じって飽きが来ないお店のようです。

私たちがどうやってお店を知ったか気にならはったらしく、聞いて来はったパティシエさん、
看板が立ってからずっと気になっていたこと、遠くから来て近隣住みではないことを告げると、
あちらから「保冷剤を多めに入れておきますね」って、2つしか買ってないのに恐縮です。

でも、こうやって親切にされると、また買いに寄ろう!と思えます。


夜、寝る時間のことなんて考えない、22時前からいただいたそのケーキその壱。
京都丹波スイーツ選手権2013』で最優秀作品賞を受賞しはったという
“古都(koto)”という名の丹波栗&丹波黒豆のケーキ、450円。
古都
シンプルだけど凛とした古民家をイメージさせるプチガトー。
古き良き時代を感じさせる自然豊かな京都丹波の魅力をお菓子にしました。
黒色にインパクトがある丹波黒豆のタルトと艶やかで凛とした丹波栗のブリュレです。


栗のケーキについては、この受賞作と、
よく似た、じゃらんの12月号に掲載されているらしいコラボ商品と、
普通のモンブランと、3つとも食べたくて接戦でした。

モンブランは、あまりスポンジや他のクリームでかさ増ししていないのか、
山が低めなのに450円やったかな?高めで、その分丹波栗のおいしさ重視なんだろうと
期待させられたけれど、リキュールなしの時点で残念に思いそうだと一番に脱落、

やはり受賞作を食べてみたい!ということになりました。
ブリュレ好き、栗好きな私が惹かれないわけがない!
紅葉を見に来た今日、紅葉していないカエデの葉の乗ったケーキを食べるというのもオツ
でしょ(^皿^)

断面はこんな風になっていました。
断面
5層もあった。


ナイフで縦に全層ひと口でいただけるように切ります。
丹波栗と黒豆のコラボ 粒黒豆発見。
おいしかった!
タルトサクサク、甘さ控えめ。
栗の主張は多くないけれど、パクパクとイケる、やはり子どもにはもったいないと思う、
味わいあるケーキでした。


そのケーキその弐は、正式名称は忘れましたが、こんなキュートなレアチーズケーキでした。
レアチーズケーキ
中がどうなっているのか知りたくなったケーキ。400円。


そりゃそうだった、でも若干驚いた、中もベリーやった。甘酸っぱいのが入ってた(^^;
断面
土台はスポンジ。
1つ目は栗で2つ目はチーズと濃い~2つだと思っていたけれど、本当に軽くイケちゃいました。
850円が一気に無くなっちゃった!って思ったぐらい。これならもう1個買えばよかった(笑)

甘ったる過ぎないのが合っているのかもしれません♪
他のケーキも食べてみたくなりました(^Q^)
わざわざ行くことはなく、ついでとなると、あまり機会がないかもしれませんが。。。
長く頑張って欲しいケーキ屋さんです。

_____________________________________________________________

21 : 50 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ケーキ×白泡ワイン
2013 / 09 / 05 ( Thu )
さぁ、この美しいケーキをまずは見なされ。
もうすでに見てからこの文章を読んでいる人ばかりだろうけど。
ポムルージュ
WITTAMER(ヴィタメール)】の“ポム・ルージュ”577円なり。
すごくない!?友達と高島屋の洋菓子街を物色回っていたんだけど、
これにはズキュン!とやられてしまいました。こんな美しい、かわいらしいケーキがあるとは。
アンリにも“ポム(りんご)”あったんだけれど、このヴィタメールには敵いません。

ヴィタメールは中がどのようになっているかの説明も付いていました。
りんご味、あんまり好きじゃないかもしれないけど、もうこれは買うっきゃない!
これ以外のケーキで欲しいと思うものがなく、1つだけお願いするのは大変申し訳なかった
んだけれど、店頭にも「お1つからでも」と書かれていましたし、これだけ買いました。
大きな箱と立派な紙袋に入れてもらえ、申し訳ないm(_ _)m


お皿とケーキは溶かしチョコで固定されてある。
チョコで固定
なるほどね☆

みなさ~ん、中もワクッワクっしょ!?(≧∇≦)


はい、ドーーン!
中までキュート☆
表面は砂糖コーティングで硬いのかな?と思っていたけれど柔らかく、
予想以上にキレイに真っ二つにできました。

すごいですね~。中まで内容盛りだくさん。しかも美しい。
りんごムースにりんごのゼリー、りんごの細切れまで、りんご三昧。
そして下段はアーモンドかな?少し香ばしいスポンジ。

これはなぁ絶対立て切りにして食べなきゃ( ̄ー ̄)
立て切りにして
やはり、ほんまに好みの味じゃなかったけれど、それは個人の好みの域であって、
すんごく素晴らしいケーキだと思いました♪ 幸せ(*´∇`*)


なお、ヴィタメールで他に欲しいものがないと思った要因の1つに、
この、買ってあった白のスパークリングワインと合わせたい!という思いもありました。
RAZA 受賞
アルゼンチンのワインで、
なんのかよく分からないけど、金賞を取らはった注目株上昇中?のワインだそうで。

アルゼンチンの辛口白ワイン 1,280円。

話戻りますが、白ワインと合わせたいと考えると、
濃厚チーズケーキもチョコもモンブランも違いましてですね。
それに、この暑さなため、しつこくないあっさりとしたケーキが食べたかったんです。


今度は見た目ではなく味に関して、どーしても食べたい!思う、白ワインに合いそうな
ケーキを求めて、 高島屋から藤井大丸に移動してまで【HARBS(ハーブス)】へ行きました。

これや、これにしよう。
“グレープフルーツムース”600円。
フレッシュな果汁と果肉がまるごとお楽しみいただける、夏に涼しいデザートです
グレープフルーツムース
1カット大きいのに、ほんとビックリするぐらいペロリといただけちゃいました。
すんごく爽やかでおいしい!飲み物いらないぐらい、甘ったるくない!好み(^Q^)


結局ハーブスでも1つだけを買うという、お店には申し訳ない買い方をしたのだけど、
これだけペロリなんだったら もうイッコ、めっちゃ食べたかったけれど諦めた、

“白桃のレアチーズケーキ”
甘く柔らかな白桃の果肉をたっぷりと使用した優しい味わいのレアチーズケーキです
これも買えばよかったぁ~(><) めっちゃ気になる!
けど、レアチーズ部に白桃が練り込んであったりもするのか?と聞いてみたところ、
チーズ部には特に桃が使われていることはなく、あくまでレアチーズケーキの上に、
白桃が乗っているだけとのことだったので、
それなら味の想像付くな( ̄~ ̄)と諦めたわけです。
でも絶対好みだったはず!

白桃という辺り、もう(季節的に)ギリギリだとは悟っていたんだけれど、
次の火曜日からマロン系のケーキに入れ替わるようで、買うなら今日が最後のチャンスでした。
また来年!


でもでも、3つも買っては食べる時間がないと思ったんだけれど、この軽さでは3つイケたよ~~。
帰宅後には遅晩ご飯を食べてしまったため、ケーキは小腹の空いて来た23時にようやく、
3時まで起きていてまでその日に食べるという暴挙に出たNissaniñoでした(^ー^;ヾ

_____________________________________________________________

23 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハーブス②
2013 / 03 / 30 ( Sat )
藤井大丸に入っている【HARBS(ハーブス)】のケーキを初めてテイクアウト。
お店の前に座り並んではる人は相変わらずたくさんだけど、
箱詰め待っている間、結構たくさんの人がテイクアウトしてはんのねと気付きました。

立派な紙袋に、箱も保冷剤も全部同じ色、同じロゴで統一。
統一 今日は2つ買っちゃいましたよ。


1つ目、“ストロベリータルト”730円。
ストロベリータルト
いちごがごっろごろと、めっちゃおいしそうで一目惚れ。
カスタードと生クリームとの相性もハズレなし!
この季節はいちご系のケーキが多かったけれど、これに一番魅せられました。

それにしても、アルミホイルで成形されたままって、正直ビックリしました( ̄□ ̄;
この後ろ側のホイルも剥がそうとすると、ケーキは倒れてしまいそうです。
フォークにクリームがたっぷり付いてしまったのでフォークで取って食べたら、
めっちゃイヤな味がしたー(+_+) やっぱな、普通のフォーク使ったらあかなんだ(+_+)

ここのタルトはキルフェボンとまた全然違いますね。
周りのもっこりした部分は特にしっとりだし。甘めな気もする。
ケーキ自体はいちごの甘さを邪魔しないようにか、クリームはちょうど良い甘さ。
また食べたい!と思うケーキでした。お腹いっぱい。



2つ目、“マロンタルト”660円。
マロンタルト
前、マロンケーキを食べたので、今度はマロンタルトの方を。
チョコチップ入りの生クリームが、マロンペーストで包まれています。

マロンよりチョコチップのクリームの方が多い配分ですが、相性いいですね~。
プチプチとしたチョコの食感と、ラム酒の効いたクリームがいい感じです♪

あれ?!HARBSのケーキって、ハズレがないんちゃうか!?!?
タルトはな~。好みが分かれそうだけど。
キルフェボンのタルトはほんまにおいしい思ったしなぁ。

何はともあれ、まだまだ食べたいぞ~!
お店でドリンクと一緒に食べるか、テイクアウトで2個買うか、値段は同じぐらい。
本当は1人1個で充分なサイズやけど、
この立派な紙袋を思うと1個だけってちょっと買いにくいですよね。
とにかく、1人で食べに寄るのはちょっと贅沢なお店だと感じます。
ランチで一緒に出掛けることが多いけれど、食べたい!が一緒になる友達がいたとしたら、
おしゃべりついでにお店で食べたい~。

_____________________________________________________________

20 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
シェフ・ナカギリ
2013 / 03 / 10 ( Sun )
人と木を出た後、もういっこの目的、【CHEF NAKAGIRI(シェフ・ナカギリ)】へケーキを買いに
向かいました。人気店のようでずっと気になっていたところ、人と木からすごく近いようで今日。

前記の地図、‘川久保’の交差点から道なりに伸びるあの信号の道に出、さらに西(左)
進むと、南陽高校があるのでその交差点を左折。並びにある中学校を過ぎると、左側に
お店発見。だけど、あるはずの駐車場の場所が全く分からず、行き過ぎてからもう一度
戻って来、路駐しないように注意するためでしょうか?お店の前にいはった誘導員さんに
駐車場の場所を聞きました。聞いて思った、これは聞かないと分からないぞ。

駐車場は、お店と反対側に伸びた細い坂道を1本上がり左折すると、右側に大きいのが
ありました。ってか、HPにはちゃんと駐車場の場所が記されていました。私の確認不足。
車、いっぱい停まってる!期待値がどんどん上がります(>∇<)
が、下りようとした瞬間、台風時のような豪雨発生!!傘、持ってないよ(ToT)

少し待ったら止むかなぁ?
お客さんは途切れず次々と車が入れ替わる中、私は車中で雨の弱まるのを待ち。
15分は待ちました。
あかん、15分や30分どころじゃ、止みそうにない(><)
意を決してブランケットを頭から被り、絶対結構濡れるだろう距離を走り向かいました。
頭だけは濡れないよう死守して。

こんな事件がありながらも、ようやく辿り入ったナカギリ。
まずは、生ケーキ、焼き菓子と、店内をくまなく物色。
かなり多種類のお菓子でいっぱいです。
生ケーキは300円台のものが多く、オシャレなケーキが多いのにリーズナブルな印象。

心惹かれた4点を購入。
注文を聞き箱に入れてくれはるのとは別に、レジはどうやらナカギリシェフ本人直々!?
1人、おじさんだし、時々口出ししたりして偉い人感出してはるし、一目瞭然。
いつもなのか、たまたまだったのかは分かりませんが、人と接するのが好きなのかな?
ケーキ作りはもう他の人に任せてはるんや~(・_・; とは正直思いましたが、
1人1人にめっちゃ慣れた口調で、いるいらない言ってないのに、ポイントカードを発行して
くれはりました(笑) 期限ないそうです。


帰って来て、さっそくおやつに食べようと箱を開けると、こんな言葉が。
幸せ一つ心をこめて
女子→スイーツを食べる瞬間に幸せ感じる→心をこめて、そんなスイーツを作りました
って感じでしょうか?


“マロンスペシャル”378円。
マロンスペシャル
立派な渋皮栗と、小枝ちゃんが乗っています。


断面。包丁で切ってなくて汚く申し訳ないm(_ _)m
断面
土台はサクサクのパイ。周りにも砕いたものが着せられています。お皿にポロポロ落ちる。
スポンジに、カスタード、チョコ、生といろいろ楽しめるクリーム。
そして、中にも栗が入っていました。ザ・スペシャル☆



“チーズスフレ”315円。
チーズスフレ
一見しただけではチーズとは分かりませんね。フルーツが嬉しく、しっとりした生地が美味。
フルーツとスポンジを楽しめるロールケーキでした☆



“アールグレイ”315円。
アールグレイ
ハイ外せません、紅茶味。思っていたよりかなり紅茶味が効いていて、好みの味でした♪
たまたまか、写真の通り、チーズのよりこちらの方が粗いスポンジでした。



“カラナ”315円。
カラナ
これも、また!?ってなって来ましたね。ムースケーキ、好きなんです♪
ほろ苦いキャラメルムースのケーキ。



断面。
断面
土台はスポンジと生クリームのシンプルなケーキ。315円とはありがたい!と思えたケーキ。


なお、箱にはこんな文句も。
新鮮なうちに食べて
初見で、「ingredients」という、聞いたこともない単語が入っていたことで、
和訳頑張ってみようとは全く思わず、和訳サイトを利用し意味を得た私。

私たちは、成分の自然な味を表に出すために最善を尽くしています。
それが新鮮な間に消費してください。


こんな感じでした。
要は、おいしい間に早く食べてね!ってことですね。

あ、そういや、お店のひさしも 箱も HPのバックカラーも全部ほぼ同じ色や~。
き~づいちゃった、き~づいちゃった、ワーイワイ♪(デッカチャン:笑)

_____________________________________________________________

15 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。