全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
続・出雲大神宮
2013 / 11 / 16 ( Sat )
前記の続き。


赤もいいけど、あの黄色も見事!
真っ黄色
山の奥の方へと入って行きました。


わぁ~ 緑と赤が重なってステキや~ん。
坂を上ると
しかも、奥に本殿が見えている。


私のデジカメごときでは表現がし切れないけれど、
赤や朱色やオレンジや黄色に緑!と様々な色がこの1枚に!なステキなショット。
赤や黄色やオレンジや


と思ったら、本当に見事な紅に出くわしました。
あでやか~


1色だけでもキレイだな~。
逆光
逆光やと思ってたけど、見事。


ほんで、上ばかり見ていたけど、下に目を向けるとしめじが生えてた(笑)
しめじ!?
しめじやんなぁ?怖いし食べられないけど(^^;


どんぐりもめっけ。両方がっつり帽子被ってる。
夫婦どんぐり
2つ並べて「夫婦どんぐり」やって言って、祈った後の、縁起担ぎ。


と、友達が騒いだかと思ったら、私もビックリした、かたつむりがいました。
これも夫婦扱い(笑)
かたつむり
かたつむり見たん、久しぶりでした。昔はよくコンクリートのところにでも見たのに。
昔はこれを喜び手の平に乗せ歩かせていたなんて、考えられないぐらい今は気持ち悪い(^^;


もうちょっと奥に歩いて行くと、滝がありました。
滝
神聖らしく、これ以上は近付いちゃダメ。
もっと奥にも歩いて行けるようだったけれど、紅葉がキレイなのは下の方だけっぽかったので、
見て回るのは以上としました。


ベストショットはこれかな。
ベストショット

郊外へランチ行って、山道走って紅葉見て、縁結びの祈願してって、
いいデートコースやな~って言い合いながら帰路に就きました。
ちゃんと紅葉目当てで出掛けるのって、あれ以来やったんかも?お花見は毎年気にする
くせに。寒いのはイヤやけど、日本には四季があっていいよね~と思わせられるイベント
やから、これからは秋も大事に思いたいと思いました。

1度ぐらいはいいけれど、わざわざ混み混みスポットに行くのはナンセンスな気がするし、
このように、市内で有名じゃなくても名所ってところを観られたら最高かな。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

14 : 15 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出雲大神宮
2013 / 11 / 16 ( Sat )
サンタリタを出て向かった紅葉目当てのスポット、それは、
出雲大神宮(いずもだいじんぐう)】でした。
七谷川の公園のところから、まっだまだ奥に行くとあります。
出雲大神宮
おぉ~!紅葉してるやん!!
9号線から遠くの山を見る限りでは分からなかったけれど、さすが隠れた名所、期待できそう。
ちょうど、少しの期間だけれど14~17日の17~20時にはライトアップもしてはるようで、
このまま夜まで亀岡で時間をつぶすのはナンセンスだけれど、夜景も見てみたいものです。

本来なら七五三は11/15なんだろうけれど、今日は土曜で大安なので、まだ七五三客もいるよう。

ワクワク((o(^0^)o))
真っ赤だなー
ここはどんな神社なんだろう♪

さっそく紅葉に近寄り接写してみたけれど、思ったよりキレイな赤じゃないし、もう終わりかけ?
アップ
ってか、紅葉だけではなく、この神社を選んだ理由に、
「縁結び」にご利益があると知ったからというのもありました。
あの、島根の超有名な「出雲」とは関係ないようなのですが、歴史は古く、
毎月第4日曜日の14時からは、「えんむすびまつり」と称されるイベントもあるようです。

島根まで行かんでも、京都は亀岡でいい御縁をお願いできる!!(笑)
上の写真で少し見切ってましたが、ハートに型した落ち葉!!
かわいい!
超シャレています。見付けた瞬間、キュンと来た。テンション上がるヾ(≧∇≦)〃

木々で隠れていたけれど、立派な神社です。
真正面

大安ということもあってだろうけれど、こんな田舎の神社なのに!?
結婚式を挙げてはる新郎新婦の姿も見られました。やっぱ、由緒あるんや!
それだけでご利益を得たような気持ちになりました。
親戚の子ども達が着飾ったお洋服で境内をはしゃぎ歩いています。
拝殿
あの見えるは拝殿で、奥に本殿があったのですが、今から中にその新郎新婦始め
ご家族一行が入られるため、お賽銭箱やガランガランって鳴らすやつが横に下げられていて、
お参りし逃しました(・_・;

えぇねん、ここでの縁結びのお祈りの真骨頂は、本殿でではないねん。
お守りを授かって、そこに付いている赤い紐を、境内内の夫婦岩に祈りながら結ぶんだってば。
3色から選べた、800円のえんむすびお守り。
えんむすび
確かに、白い紐とは別に、すぐに外せる赤い紐が付いています。
1つ1つ柄が微妙に違うなんてことはなく、至って普通のお守り。これで800円か、、、(^^;心の声
巾着型の(黄色)がさらにお高く1,000円でしたが、色が選べなかったし、このピンクのが一番
かわいかったです。サイズも小さめで、今後持ち歩くにはいいと思います。

授かる際に巫女さんが、
「お守りの赤い紐は簡単に外せるようになっていますので、それを夫婦岩にお結びください。
 その際に、神様がどこに縁を授けたらいいのか分からなくならないよう、
 お名前、ご住所、年齢、求められる縁について、できるだけ詳しくお祈りください」
などと説明してくれはりました。年齢までいるんや(^^;
1年じゃなくて、36歳になったら有効期限切れるってこと!?

イソイソと夫婦岩の方に行くと、赤い紐だけでなく、みんな、先に5円玉を付けてはるのを
知りました。私もーー!
五円を付けて
昭和54年の5円玉。53年なら生まれ年やのに、惜しかった(´□`)ナニガ!?

そして、神様に手を合わせてお願いした後、結び付けました。
夫婦岩に
この日はだ~れもこんなことしてないし、1人恥ずかしかったんやけど(^^;
ブログ用にと写真に撮ってる辺り不謹慎な私の元には神様来てくれませんか!?

あ、年齢言うの、忘れてたっ!
もっかい近付いて行って、「35歳です!!」(爆)


後ろに並ぶ絵馬に目をやると、めーーーーっちゃ細かい文字で、詳しく詳しく特定の人との
縁結びをお願いしてはるやつもありました。詳しく書いた方がいいっても、、、(・_・;ドンダケ
男性もいたし、めでたく結婚することになったと報告絵馬もありました。

私を含め、みなさんに良縁がありますように( ̄人 ̄)
えんむすびのお守りとしては、4年近く前の、地主神社のをまだしつこく持っていたので、
実を結びはしなかったものの、この4年の間に、たくさんの人との出会いをちょうだいした旨、
感謝し、ここに返しておきました。
おみくじは、、、 お正月にせっかく大吉を授かったので、やめておきました。


                                          さて、あとは紅葉!

_____________________________________________________________

13 : 40 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伏見稲荷大社③
2013 / 10 / 11 ( Fri )
前記の続き。


「コンニチハー」
今日初めて挨拶をされたのが、黒人のファミリーでした。
すっかりハイキング気分なのでしょう。挨拶するもんなんだよーって、どこで教わらはったんだろ。

会社からの命令なのか、スーツ姿の青年が1人で歩いてはったり、いろいろな人を見ました。
真剣に般若心経を唱えてはる2人組の女性もいはったんだけど、神社で般若心経??
「むーしきしょーこーみーそくほーむーげんかいないしー」
つい、一緒に唱えてもうたけど、どんな思い入れがあってあれだけ力強く唱え続けてはったのか(・_・;


12:45。「四ツ辻」まで戻ってきました。
こんな、ランキングが掲示されていました。
ランキング
外国人観光客が選ぶ観光地ランキング。
私もまだこの2位と記憶のほとんどない3位しか行ってないので、まだまだ将来感動できそうです。

13:25。戻って来たぁ~。
戻って来た~
本当はこんなに掛からないのに、お父さんを待ちながらだったので。。。
日除け、虫除けってガッツリ着込んで来はったので、暑さが体力を奪ったというのもあったようです。


最後に本殿を。いいお天気です。
遅ればせながら本殿
って、あれ???!

皇族名が並んでる!!
皇族!
知らんけど、関りめっちゃ強いんや!

右からも撮ろやっと。ほんまに立派。
立派
結局ここではお参りせずに戻る方向に。

門からの風景。
参道
あの先に京阪‘伏見稲荷’駅があります。

振り返って、「ありがとうございました」な気分で会釈。
ありがとう

上り始めは曇ってたのに、こんなにも晴れました。
晴れたなぁ~
ゆるい山やと言っても、やっぱ昨日には上るの決めといて、朝早くから来たらよかったんや。

帰りは正面から出ました。
正面
次また来る機会、また全くないんやろな~( ̄~ ̄)


それにしても、お腹ぺっこぺこ。
急に言われて家を出たので、朝はヨーグルトしか食べていませんでした。
14:25。お父さん大好き【王将】城南宮店にて、“王将セット”をば。
せっかく伏見稲荷まで出たのに、親子揃って出掛ける機会、滅多ないのに王将ですか、、、

天津飯、唐揚げ、ミニサラダ、わかめスープ、
王将セット

そして、焼き餃子が付いて、たったの808円。
餃子
王将で食べるのは5年以上ぶりでした。
頻繁多で食べている餃子も、ウチは生をテイクアウトで家焼き派家庭ですからね。
お店の餃子と、大好きだったはずの天津飯にワクワクでした(^Q^)

が、思てた味と違うーーー!
天津飯のあん、こんな味やったっけ?(・_・; なんか違いました。
餃子はアツアツのパリパリでよかったけれど。
あ~ お腹いっぱい!

帰宅後、すぐにビールを飲み始めた父と母(^^;
私もグレープフルーツチューハイ飲もっかな~。
晩ご飯ももういらないっすね。お風呂にとっとと入りますか!?

突然だったのはイヤだったけれど、良い体験のできた1日でした♪

_____________________________________________________________

12 : 30 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伏見稲荷大社②
2013 / 10 / 11 ( Fri )
前記の続き。


ペース遅めで上っている私たちは余裕やのに、1人お父さんはしんどそうにハァハァと足取りが
重そう。タバコは止めてもう数年経ってはるけど、普段ほとんど歩いてはらへんし、
66歳という年齢の他に、体重が70kgオーバーというのがキツさを増してるんだろう。
よくもまぁ私のことをブタと呼べたもんだ。私、BMI値完全に標準やし!

でも、確かにペース速で歩くといい運動になるというのがよく分かるルートです。
あっ この花珍しい!毒持ってそ~!気持ち悪い~(笑)
変わった花


これも珍しい、ドラゴーン!ドラゴンの口からお水が出るようになっていました。
龍?
いい感じに苔むしています。
あっちきょろきょろ、こっちきょろきょろ、楽しみながら上っています。


11:50。「四ツ辻」という開けた場所に着きました。
四ツ辻

振り返るといい見晴らし!
いい見晴らし

あれはリッツやな( ̄ー ̄)
リッツや
弟が中高と通っていた学校で、私はヤツが中1の時に一度、文化祭で訪れたことがあります。


この四ツ辻にはベンチがあって座って休憩できるようになっていて、
遅れ気味のお父さんに休憩するかと聞いてみたんだけれど、強がっていらないって(・_・;
持ってきたお茶だけ口に含み、進みます。


この右側のと真っ直ぐ(左)のと2ルートあるわけですが、「一ノ峯」をてっぺん?とし、
ぐるっと一周回れるようになっているらしい。そして、前にも上ったことがあるお父さんによると、
左側の方が坂道がキツいらしく、そちらを上りに選び進むと、一周するのに時間が掛かるんだそう。
登山を思えば左からが良いようだけれど、一般的には右から回る方が良いとのこと。

どっち行く? 右廻り道へ。
ふとした疑問。じゃんけんで、「みんぎりまわりっ!」っての=反時計回りっての、どの地区で
通じるじゃんけん法なんすかね?ちなみにフシを付けて言う時は我々、「じゃいけん」派。



どんぐりころころ~。
どんぐり

カサの被ったままのかわいいのがあったので、お守り代わりに喜び拾って歩きました。
キュートどんぐり
どこかイジリー感のあるどんぐり。クヌギとかはないのかなぁ~?


「三ノ峯」ってとこに出ました。
三ノ峯
ここが目的地かと思えば、まだまだ社があるようで、いちいじお参りはせずに進みます。
なお、随所にある自販機の価格チェックをして進むのも楽しみの1つとなりました。
普通は140円の500mlペットボトルが、、、(笑)
高くても買っている人を見ては、持って来はったらよかったのに~と思わざるを得ません。
そうか、ちゃんと茶屋で休憩するか。

それにしても、所狭しと建てられているこれら。
すごいー
それぞれの台座に番号(番地)が振ってあって、地図もあったり、しっかり管理されているようです。


右廻りを選んだため、ゆるやかな坂、でも確実 坂 が続きます。
揺るやかな坂
坂だったり階段だったりくねっていたり、撮る場所場所で全く違う写真が撮れます。
ちなみに、作法として一応、真ん中は神様の歩かれる通りなので、端っこを歩きます。


12:05。「一ノ峯」に到着しました~。
一ノ峯
ここでは一応お参りを。何のお願いしていいか分からんかったんだけど、お願いと言えば良縁を(笑)
小銭が104円しかなかったため、4円で(^^;
私はせこいけど、神様はせこい考えの持ち主やないねん( ̄~ ̄;と言い聞かし。


遅れて来はったお父さんの案内で、
ウチの裏の小さい神社の名で挙がっているところを教えてもらいました。
裏の神社の
もうあまり分からなくなって来ているけれど、台座に近所の祖先だろう名前がいくつか彫って
ありました。みんなでお金出し合って建ててもらったんですねぇ。五穀豊穣を願ってだろう。


幼い頃、子ども達が手分けして、その神社のお下がり配りをすることで、
近所のおうちからお菓子をもらえたり、お駄賃をもらえるというアルバイト的な行事があったん、
気前良く500円もらえるおうちなんかもあって、その家を選んだ子を羨ましがったり、
めっちゃ楽しかったな~(´∇`) あんなのもう、いろんな問題によりできないのだろう。

来訪の証として、イジリーどんぐりを置いて、お参りとしました。
来訪の証


歩を進めます。
ルートは違えど四ツ辻に帰るわけですな。
龍の次は、刀から出ている珍しい手水場を見つけました。
刀?
それぞれに意味があり、一ノ峯を目標にとは限らず、この刀のとこにお参りに来られる方も
あるのでしょう。

滝がありました。
清掃中で近付けなく、上から覗き込んでみると、バケツに水が受けられていました。
        マイナスイオン感じられねぇ(^^; 滝

おぉおぉお~!
4連 初めて見つけました。4連とも同じ大江さん!
めっちゃお金持ちなんだろうか。ご利益もあったんだろうか。すごい~!

でっかくキレイなクモの巣にまで感動しつつの下山。
クモの巣

芸能人と大会社なので、これは載せても悪くないよねぇ??
立原啓祐発見
立原啓祐さんを見つけました。帰りは文字ばかり見ながら下りるので。
でも、「大阪府」とだけしか書かなくて、神様がちゃんと見つけてくれはるものでしょうか?
なんか神社ものって、住所まで言えって言われますよねー。
まぁ彼のように芸能人なら見つけてもらえるのでしょう。

                                                    ⇒

_____________________________________________________________

11 : 35 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伏見稲荷大社①
2013 / 10 / 11 ( Fri )
朝から部屋の片付けをしていたら突然、お母さんが部屋に来はって、
「お父さんが、今から伏見稲荷上ろう言うてはんねんけど、にっさにーにょも行く?」って。

なぜもこんなに急だったのか(・_・;
ともかく伏見稲荷には行ったことがなかったので、行ってみたいと思っていました。
どんなところか詳しく知らないけど、お父さんが相当しんどいって言ってたな。

水筒と帽子を忘れず、ラフな、動きやすい格好で行くこととし、
せっかちなお父さんの手前、20分程で出掛ける準備を終え、お母さんの車をお父さんの運転で、
伏見稲荷大社へと向かいました。後部座席に乗るの、初めて!

あの辺り一通やったりするし、駐車場はどこにあるんだろう?
最適だったのか分からないけれど、少し行き過ぎたコインパーキングに停めはりました。
HPを見たら、無料駐車場があったんやん!(怒) お母さんに告げ口してやろ(-_-)

スタート 11時過ぎ、スタート。
朝ご飯食べてへんのやけど、果たしてお昼食べられるのは何時になるんやろ、、、
まぁ奢りだろうし、おいしいの期待して!(笑)

どう考えてもわき道からだったな。
合流


おぉ~!初、伏見稲荷~☆
正面
超有名神社にテンションが上がりました。
会社では毎年役員さんらがお参り来てはったけどね。商売繁盛なんでしょ?
他にもあるんだろうけど、あまり参拝目的が私にはないイメージのまま来たことがありませんでした。

まずは手洗からと手水舎に向かうと 丁寧にイラスト付きで順番を説明されていて、
あれ?何かここは他と違った作法があるのかな?と思えば同じ。
横を見て分かりました、さすが伏見稲荷!外国人観光客が多いんだ!!
外国人にも分かるようにとの説明ですね。
私たちが並びでササッとやっていると、隣の外国人男性にガン見されました(^^;

よし、身が清まりましたよ~☆


キツネ!!!
キツネ
なんかくわえてる。目つき、恐すぎるんですけど(><) こりゃ夜、来られないわ(^^;
「恐い顔なのは、守ってくれているからなのですか??」

それにしても、ここの砂利は飛び散らないようになっていて、とても感心しました。
ナイス砂利
全砂利道でマネするがよろし!

これが本殿よねぇ?ってのをお父さんはスルー。参る順番があるのか?
本堂をスルー

様子分からず着いて行くと、
境内図 この地図が。
なるほど!鳥居がいっぱいって、こういうことやったんやな。
お父さんがしんどいって言ってはったのは、こういうことやったんやな!
興味がなかったとは言え、何も知らない私。。。

お父さんはお参りというよりハイキング感覚な模様。
よっしゃ、愛宕山もこなした30歳程も若い私は、サクサク余裕で歩いてやろうじゃないの!

11:18スタートです。
登山スタート

ほれ~。
おっ

すご~い! 鳥居がいっぱい~! こりゃ楽しそう!

さっきまでおっきい鳥居やったのに、小さいの二手に分かれたり。
二手に?!
どっち行くん!?どっちに行くかで何か違うん!?
知ってしまえばどっちでも同じなのに、初めてなことを体験するって素敵なことですね。
ほんと、ワクワク出来ました。

至るところで記念写真を撮ってはるので、道を譲りながらの登山です。
どうやら思っていたほどサクサク上れそうにはありません。坂は緩やかですが。

ちなみに日焼けを恐れて両親は、農業モード帽子着用で来はったんやけど、かなり異様(^^;
思っていたより日陰だらけやし。異様な2人
隣のカップルのように軽装でいいんだけれど、
ただ、山は山やし虫除けを思うと肌はあまり出さないのがいいかもしれません。

池に出ました。
池
あの、ハンドルのようなものは何でしょう?気になりつつも今日は登山!と歩を進めます。


おぉ階段!望むところだ!! まだまだ

なんやかや、私は写真を撮りながら、親を抜かさないペースで歩く。
奉納


ってか、ふと振り返ると、「納 奉」の裏は、文字だらけでした。
裏は、、、 ビックリした!
左側に住所と名前、右側に年月日。

ところどころで見られる石の鳥居は明治のものでした。
明治 おばあちゃんの生まれる前から!

そしてこれまたところどころで見られる、朽ちた跡!?
朽ちた?

こういうのが刺さっているのもあり、どうやらこれから新しい鳥居が建つんですね。
そういうことみたいです。
             順番待ち 2ヶ月以上待ちや。


あの、外れたところにある小っちゃいのはなんじゃらほい?(^^;
小っちゃい!
でも、小さい鳥居ってかわいいなぁ~(^∇^) 大きさによって金額が違うようなのですが。


ただ歩くだけのお父さんと違って、楽しみながら上ってますよ~♪
                                                    ⇒

_____________________________________________________________

11 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。