全件表示TopRSSAdmin
information
    更新は、広告表示が入らない程度に直近からか、もしくは昨年分より随時行っています。
    横のバーに、NEWとは出ないけれど、みなさまよろしく<(__)>

    9/27.10:30
    衣替えしたいがこの時期は難しい。だって会社はまだ冷房だし、そんなことなら冷房切って半袖
    でいたい。けど、朝晩の電車の冷房が寒いんだ~ 長袖+冷房が基本の今に納得いかない。

    9/26.15:30
    友達に付き合ってもらい、シトロエン見に行ってきた!やっぱオシャレかわいいな~。
    けど、長年MT乗ってないけど、MTっぽい加速をするATらしい。あと、MTのように坂道発進を
    しなきゃいけない!?こりゃちゃんと、試乗させてもらってから決めなくてはいけないな。

    9/21.20:00
    今年最後のBBQは琵琶湖白浜沿いで。楽しかった。夏ももう終わり。昨年から結構本気で
    迷ってる、冬も楽しめるようにスノボサークルに1人入るか!?それとも1人ツアーで行くか!?

    9/12.1:00
    しまった、送別会で、早く帰るつもりが引き止められ最後まで付き合っていたら、
    最寄り駅まで帰れる電車がもうなかった。慌てて京都駅までは戻ってきたけど、高く付いたわ。
    ところであの、夜、「送ろうか?」と声掛けしてくる車の男性って、親切心100%の人っているの?



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
映画感想
2013 / 11 / 25 ( Mon )
『パパラッチ』
これは一部の卑劣なパパラッチへのメッセージか、観てスッキリとは出来ない作品である。
ここで出てくるパパラッチ、ほんまにヒドいんです。日本には、ここまでの人はいないと思い
たいけど、みんなの知りたい欲求がなくならない限り、そういう人たちもいなくならないのかな。
実際に、ダイアナ元妃の事故なんてのも起こったようやし、題材としてはいいと思う。
けど、単なる社会派映画じゃなくて、サスペンスに分類されている辺り、予想はつくかもだけれど、
展開、結末の点からも、スッキリとは出来ない作品だと言えるのです。
★★★☆☆ メッセージ性は悪くないんだけどな~ 私の同情の域は越えた



『ソーシャル・ネットワーク』
おもしろかった!ほんまのほんまに実際の話なの?Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグの話。
訴訟問題にまで発展した現実と、それまでの回想シーンと交互で物語は進んでいく。
めっちゃ早口、テンポ良くて、展開が気になり続ける2時間。
誰に感情移入するかなど、考える暇さえない感じで、何を言いたかった作品なのか分からないんだ
けれど、実話と思ったら、かなり興味深い。凡人とは明らかに違うマークの考え方。成功を手に入れる
ためには切り捨てなきゃならないものもあるって決断。マークはクールに決断する。本当の彼は、
どんな人なんだろう?ますます興味がわきました。だからと言って、Facebookはやんないけど。
★★★★☆ 何回も観たい作品ではないけど、これが、何人かの日本の若者の心を打てばいいのに



『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』
偶然病院で隣り合わせた、余命短い若者2人が、(見たことない)海を夢見て車を盗み、脱走、強盗、
最後にやりたい放題、悪さをしつつも、追われる警察とギャングからうまく逃げ、友情を深め、
「死の直前」がテーマなわりにドタバタ観ていてスカッと気持ちいい作品だと思いました。
リアリティはないけど、男の、かっこよくステキなロマンと友情を感じられる作品。

死ぬ前に海を!って、その気持ちを想像するだけで泣けてきそう。
しかも、ただ、見たことないからってだけじゃなく、天国では海の素晴らしさについて語り合うのが
流行っているから、それに仲間外れにされないために、見に行くんだ!ジーン(;_;)
★★★★☆ 4.5。『最高の人生の見つけ方』と似ているけど、こっちの方が好き、オススメ



『ノウィング』
アクションではなく頭脳派の方のニコラスケイジ。『ナショナルトレジャー』を観たからか、やっぱ
ニコラスケイジは頭いいもんが似合うと思った。前半の、謎が解かれていく様はワクワクできた。
けど、うーん?ミステリーからSFへと移行し出してから、最後も納得できずのまま終わった。
ネタバレかなぁ?キリスト教徒ならすんなり納得できるのか!?私は好きな話ではない。
★★☆☆☆ 前半のワクワクが本当に残念な結末



『フライト・オブ・フェニックス』
砂漠のど真ん中に不時着、亡くなる者も出、どうやら助けが来る見込み少なく、どうやって
生き残るか!?誰の知恵に頼るか!?脱出ものの中では、少し予想外な展開になっていき、
みんなが助かるよう、応援せざるを得ない。付き物な、仲間間のトラブルがあったり、
予期せぬトラブルがあったり、ハラハラ。思ったより簡単に抜け出せた感があるのだけど、
イヤ~なシーンが多いよりいいかな。ハッピーエンドが分かっているし、軽く見られます。
★★★☆☆ 3.3。アレ?と思うところもあり、もうちょっとおもしろくできそうな作品
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画感想
2013 / 11 / 19 ( Tue )
『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』
展開早く、悲しんでいる暇が短いのだけれど、ハリーを守るために犠牲者が出始め辛いです。
ヴォルデモートとの最終決戦に向け、みんなが力を合わせて、魔法を使って変装したり、
不思議な魔法のアイテムを使ったり、次々とこなす謎解きに引きつけられます。
もっとバッサリ展開早くすることは可能だったかと思うんだけど、PART2への伏線なのかも。
スネイプはほんまに悪もんなの!?というところも、なお疑わしく観続けました。
どう決着が着いていくのか!?ちょっと引き伸ばし感があったので、より続きが気になります。
★★★★☆ 3.7。3人の絆の深さがすごくステキ



『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』
初めから見ていると、より面白い。みんなの成長ぶりにもほんと感動。ネビルは特に。
PART1から犠牲者が出て辛かったものの、最後はいい感じに終わってよかった。
いろいろとうまく今までの決着が着いてよかった。話自体は暗いけれど、1作目のような、
ワクワク楽しい作品ではないけれど、素直にいい超大作だと思いました。晴れ晴れ!
★★★★☆ テレビで待つことなく続けて観られたのでよかった。またいつか通しで観たい!



『ステキな金縛り』
さすが三谷幸喜といった感じか、笑える、おもしろかった。深津絵里と西田敏行というのがまた
よかった。他にもキャスト、めっちゃいいし。テレビでも充分おもしろいわけだけど、こういうのは
映画館でみんなで一緒に笑うというのがより楽しそうな印象を受けた。
『ザ・マジックアワー』より落ちるけど、間違いのない秀作。エンドロールまで観るべし。
★★★★☆ 3.8。深っちゃん、かわいぃ~(≧∇≦)



『女の子ものがたり』
大人になったスランプ中の女性漫画家が、昔を思い出し、今昔交差しつつ話は進んで行く。
初めの子ども時代の話は結構引き寄せられるものがあったけれど、高校ぐらいから不良な道や
DVが絡んで来て、思いの他辛い題材へとなっていった。子どもの頃に親友であった3人も、
大人になると、連絡も取り続けず別の道を歩んでいた。3人ともがいつまでも同じ環境、人生を
歩むわけではない。でも、昔の親友って、いつまで経っても親友でいられるもんなんだと、
共感させられた、男性同士ではない女性同士の気持ちの表現が絶妙だと感じた作品。
★★★☆☆ 3.4。良かったと思うところもあるけれど、なんかせつない感じ



『ダイ・ハード4.0』
一気に禿げた(笑)今回は、またも新しいサイバーテロという題材で、またも事件に巻き込まれる。
アクションがすごくよかった。トンネルのシーンが特に。長めの時間だけれど、展開ポンポン、
最後まで見飽きないのがすごい。さすが!奥さんとはもう離婚しちゃって出て来なかったけど、
代わりに娘が出て来たことで、お決まりの展開へ。父ちゃんの愛パワー!スリリングさもアップ。
今回の相方、マシューとのコンビもよかったです。
★★★★☆ 毎回新しいテロとアクションを考えるの、大変だろうな~と思う

_____________________________________________________________

16 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画感想
2013 / 11 / 02 ( Sat )
『アルマゲドン』 ※観るの2回目
友達の一番好きな映画に挙げはったことがある作品だと覚えていて、久しぶりにもう一度
観ることにしました。改めて観ると、まずはブルースウィリスの登場シーンのカッコいいこと!
『ダイ・ハード』っぽく、こういうのが似合う俳優さんですね。
AJも、他のみんなもカッコいいし!地球、ひいては家族のためへの男の覚悟!!
結末知っているから今度は泣けないかもな~と思っていたのに、やっぱり泣いてしまいました。
『宇宙兄弟』を見始めてから、この表現おかしくない?!と思わされる矛盾もあったけれど、
ここの表現、伏線がいい!なども細かくあって、よく出来た作品だと思います。

曲もいいですね。歌詞についてはあまり意識してなかったけれど、女にとって、
めちゃキューンと来る歌詞だと改めて思いました。
★★★★★ 4.5。テッパンで泣けるこの映画は、友達と観ても、私は泣けるのかなぁ?



『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 ※観るの2回目
ほぼ内容覚えていなかったので観ました。ハリーポッターも6作目。
印象深かったのは初めの2作ぐらいで、その後は観ていても、新たに登場する先生は多いし、
記憶が混同したりで、そもそもデスイーターって?って頭こんがらがるし、
恋愛相関図もよく分からず、一度、1から順に観直して頭を整理したいと思っていたところです。

そんなわけ分からんくなっていた中観た割りには、今作品は分かりやすかった。
戦闘シーンが少なく、学園恋愛ものっぽくなってたからかな。まぁそこが分かりやすいと
思った部分だけれど、他回に比べると余計(恋愛)な要素も強くありの中途半端な回だと思えば
そうかもしれない。早く続きが観たい!と思わせる、まさしく佳境へと続く、重要な回でしたが。
★★★★☆ 3.7。相変わらずの映像美。それにしてもロンってほんとかわいいよね~



『ダイ・ハード2』
1より面白かった。そして、多少の繋がりがあり、1を観てから観てよかったと思う。
相変わらず痛いシーンがたくさんあり、ネタバレ出来ないけど心相当痛むシーンはハンパ
やない。けど、面白い!そう言える。ジョンの身体能力はすごいけれど、かっこいいだけじゃない、
痛がったり、慌てたり、駐禁取られたり、「なんで?(泣)」と思いながら立ち向かい続けはる
この主人公が魅力なんでしょうね。敵を倒すだけやなくて、奥さんを始め、みんなを助けないと!
最後の、結果、奥さんを助けることにもなったジョンの、敵の壊滅行動には大拍手ものです。
★★★★☆ 4.4。アクションながらクリスマスにいい作品



『ダイ・ハード3』
強大な敵に1人で立ち向ってこそのダイハードじゃなかったんや。友情な感じも嫌いじゃない
けど。あと、1、2とあれだけのことがあっての奥さんと別居ってことに驚愕の始まりやった
けど、それも奥さんを助けるというマンネリを防ぐための仕方なさやったんでしょうね。
前半、敵に振り回されるだけ。そこがなぁ~ 後半話がトントン進んでってよかったけど、
間延び感が多少あり。ほんと、「1、2とまた違った」に拘った3だったんでしょうね。
犯人の目的が違うのも、1や2でなかったカーチェイスや船が登場したことも。
あ、無頓着で滅多に気にならないのに、今作品では音楽がダメダメやと思いました。
★★★★☆ 3.8。と比べると、一気にブルースの髪の毛が後退したー



『カフーを待ちわびて』
神社の絵馬に何の気なしに「嫁に来ないか」って書いておいたら嫁がキター!って、
ゆるくもあるし、あり得ない不思議な話と期待しないで観ていたら、結構いい話だった。
沖縄の自然美に、あまり知らなかったけれど、ヒロインを演じたマイコがよかった。ハマってた。
ド田舎のダサ男なはずのアキオも、玉鉄が演ってる辺りでいいレベルでバランスが取れてたし。

沖縄っていいところなんだろな~。それでいて、ド田舎問題も取り入れ、いいところだけを取った
作品でもなかったし、リアリティアップで。洋画ばかりを観続けた後に観ると、特によかった。
KBS京都の放映のんを観たけど、こういうのこそ、普通の21時台の枠でやって欲しい!!
ターゲット枠がそない広くないか(^^;
子どもや親世代など、年を重ねた世代には面白くなさそう。でも、癒されたい時に観て欲しい。
★★★★☆ 自然とどんどん引き込まれていった作品。「カフー⇒犬の名前?⇒???」

_____________________________________________________________

21 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画感想
2013 / 10 / 06 ( Sun )
『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』 ※観るの3回目
すぐあそこの京滋バイパスが、レインボーブリッジの代わりに撮影に使われ、
よく見ると橋では見られない、周りに山や久御山JUSCOのピンクが見えるってことで、
それ再確認のためにもと久しぶりに観ました。
あと、どう違うかあまり分からなかったけれど海外ver.やったし。

懐かしい気持ちと共に、やっぱ、よく出来ているな~とは感じられたものの、これを海外
向けにしたとは、、、 あまり受け入れられなかったっしょ!?と思わざるを得なかった。
個人的にはもう、初めて観た時の意外性はないし、かみつき魔一連はキモい。
★★★☆☆ 3.3。和久さん登場が嬉しかったり、ドラマから観てきたファン加点ありで



『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』
逆に初めて観た加点なのか、面白く感じられた。ビールの件やいすわってる元署長など、
めちゃ笑ける。踊る!って感じ。『半沢直樹』の近藤が、そう言えば中国人の王さんとして
前作から出ていたことも思い出し、うまく中国人役やってはるなぁ~と、それもポイント。

ファイナルらしく過去の登場者がいろいろちゃんと出て来て、青島、室井、すみれのその後も
簡単にだったけれど、ちゃんと描かれていてよかった。いやでも、事件は超重いし、
なんかねぇ、それで犯罪に手を染める!?感もあり、いろいろと無理やりなんだな、、、

ずっと観て来ていたら、真下と雪乃さんの間にもうこんな大きな子が!?と微笑ましいけど、
最後の「ボルシチ」はなんだったんだろう(^^;とも思う。いろいろ変ではある(^^;
★★★★☆ 3.5。ストーリーは微妙でも、これで終わりと思えたし楽しめたのでよかった



『ダイ・ハード』
ようやく観ました。幾人もの人に、「おもしろい」とハードルを上げられての初観賞ですよ。
今やいろんな超人ヒーローがいる中、体力と知力を駆使して、生身の警官が立ち向かって
いくというのがいいですね。声優さんも合ってる。日本の企業が舞台なのも、ちょっと嬉しい。
昔の作品だからか、人がどんどん死んでいく感があり、出血シーンもすごく、多少ショックを
受けたけれど、ストーリーもテンポもアクションもキャラクターも細かい伏線も、確かによかった!
おもしろかった!軽く観てもおもしろい、細かいところまで気付き観るのもおもしろい。
★★★★☆ 4.2。スカッと小気味いいクリスマス映画



『舞妓Haaaan!!!』 ※観るの2回目
おもしろい、楽しいという感想を持っていて、大体のストーリーも覚えていたのに、テレビで
やらはるとなると、また観てしまった。でもお母さんは、ハチャメチャな感じや非現実的な
ところがだろうけれど、嫌いなんだそうだ。全ての人が楽しめる作品かと思えば違うらしい。

私には、阿部サダヲだけじゃなく堤真一のキャラがすごくよく、2人の掛け合いが楽しい。
笑える小ネタもいっぱい。掲示板から始まったケンカ、その表現法もよかった。
もちろん、京都が舞台というのも良い。
ただ、ストーリーはイマイチなのかなぁ?映画として考えると、そりゃしんみり要素も必要
なのかな?そこが中途半端な感じがして、、、 舞妓の世界のことも中途半端やし、、、
★★★★☆ 3.7。設定は嫌いやないし楽しいけど、真剣に観るならちょっと?かな



『自虐の詩』
まず、よくこの役を中谷美樹がしてくれはったものだなという感想。なんやかや実はキレイな、
そして何より演技のうまい中谷美樹さんがやってくれてはってこそ、この作品は成り立ったと
思っていいと思うのですが。

何だ!?と思わせられる序盤でだらだらなんだけれど、最後にはちゃんと感動を与えてくれた。
最後まで観ると、また初めから観返したくなる魅力がある。ハチャメチャながらも笑えるちゃぶ台
返し。でも、なぜこんなダメ男(阿部寛)を愛し続けられるのか!?求愛してくれている明らかに
誠実な店主(遠藤憲一)の方がいいやん!笑えるんですよ~ この店主が(笑)

親がいなくても、お金がなくても、たった1人の友達と離れることになっても、
そして、愛した男がダメ男になっても、、、
幸江の人生は不幸かのように思われたけれど、強く、何より生きてこそ、先に幸せがある。
★★★★☆ 3.8。ゆるいながらも、随所で‘愛’を感じられる、日本っぽい作品。

_____________________________________________________________

20 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画感想
2013 / 09 / 16 ( Mon )
『ザ・リング』
うーん、日本の『リング』の方がよかったかな~。私が日本人だからだろうけど。
夜に1人で観たのに怖くなかったんですよね。子どもが不気味だとは思ったけど。
アメリカで大ヒットだっただけあって、うまくリメイクされているとは思ったし、
日本の発想がアメリカ人にとってはすごく新鮮だったろうことを誇りに思う(笑)
★★★☆☆ 2.5。日本人ならリングの方を観よう!



『ココニイルコト』
あ、真中瞳やん!電波少年で有名になった彼女やけど、今はもう「東風(こち)万智子」と
いう名前で活動してはる。それに主演男優は堺雅人!こんな前から主演務めてはったんや~。
不思議な前野君のキャラにハマってました。変に感じる関西弁もまぁまぁ。
関西弁独特の柔らかさがこの作品の味出してるし。地味に、あのところ良かったなって思う
ところがちらほらあります。陰気感あるんだけれど、我慢して観進めて行ったら。
まだ観ていない堺雅人ファンは観るべし!恋愛寄りじゃない作りがいい。
★★★☆☆ 3.4。密かに鶴瓶がいい味出してた!



『ダークナイト』
バットマンの知識が皆無でも楽しめると聞いて前に借りた時、
何回観ても初めの30分までで挫折し諦めレンタル返すことになった作品。
今回も、何回も初めから観直す努力が必要でした。やはり最低限の知識はあった方がいい。
バットマンって何?出て来るどっちの男がバットマン?と混乱するレベルだった私が
悪かったんだけど。両者ふらふらな女の立ち位置もよく分からないし。
何回も観て、ようやく「おもしろい」と言われるのが理解できたけど、苦手な作品デス。
★★★☆☆ 分かって観れば、スパイダーマンのように楽しめるのか~!?



『怪盗グルーの月泥棒』
めっちゃ鶴瓶(声)!シュレック然り、グルーのキャラは面白くていいんだけど、私には入り
込めない世界だった。なんやよぅ分からんいっぱい出て来る黄色い手下たちの声も耳触りで。
ベタな設定で子どもにはいいのかもしれないけど、私には最後、「ハァようやく終わった、、、」
その程度の作品でした。続編出るほどやし期待してたのにな~。字幕で観たら、
また違った感想を持つかもしれません。山寺さんが声してるベクターはさすが!でした。
★★☆☆☆ 1.8。いいシーンもあったはずなのに、観て良かった感がなし



※番外編
『二十四の瞳』 松下奈緒でのドラマスペシャルを観て
「小豆島が舞台の12人の子ども達と先生の話で、戦争が絡んでいる」
それぐらいの知識しかなく観ました。
子ども達の演技のヘタさは仕方ないとして、さすが、いいストーリーでした。いい先生でした。
子ども達も最後まで子ども達やないのですね。
完成度としては映画作品の方がすごいんだと思う。是非そっちを観なな!日本の名作!!

_____________________________________________________________

20 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。